資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

  • ホーム >
  • コラム >
  • 仕事や家計管理に活かせるおトクで実用的な資格(FP技能士)

2013.08.26 (木)

仕事や家計管理に活かせるおトクで実用的な資格(FP技能士)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
就活や転職、主婦が再就職する時など、自己アピールする手段のひとつに“資格取得”があります。仕事をしたい業界の関連資格を目指す方が多いと思いますが、生命保険会社など金融業界で認知されている資格としてはファイナンシャル・プランナー(以下FP)があります。ご存じでしょうか?

筆者も生命保険の募集を行っていたときにFP資格と巡り会い、当時の上司の後押しもあって取得に至りました。仕事がきっかけではありましたが、その後の住宅ローンの借り換えや会社ではなく個人で仕事するにあたり、学んだ知識が大いに役に立ちました。そう、キャリアのみならず、家計管理にも役立つたいへん実用的な資格。それがFP資格なのです。

今回コラムでは、FP資格で学ぶ内容や、学んだ知識をどうキャリアプランや家計管理に活かすのか、そんな話をしてみたいと思います。

■6つの領域とライフプランの関係性
保険、年金、税制など幅広い知識が得られるFP資格ですが、学ぶ領域は次の6つです。

1.ライフプランニングと資金計画(ライフイベント、キャッシュフロー表等)
2.リスク管理(生命保険・損害保険等)
3.金融資産運用(債券・株式・投資信託や金融商品としての保険等)
4.タックスプランニング(所得税や各種控除などの税制)
5.不動産
6.相続・事業承継

「不動産」のように項目を見ただけで分かるもの、「タックスプランニング」といったあまり聞き慣れないものがありますが、簡単にまとめると、思い描いたライフプランに現実を近づけるためのお金との上手なつきあい方を学ぶ資格と言えます。

残念なことに学校では、収入内で暮らすことの重要性や借金の怖さを教えてくれる授業はありません。ですが、社会人になれば誰もが自分で家計を切り盛りしなくてはなりません。「稼ぐ」「やりくりする」「貯める・増やす」。そんな時に役立つ知識が詰まっているのがFP資格です。

■ライフプランとマネープラン、優先するのはどっち?
誤解されがちですが、お金について考えると言うと、家計の支出管理や資産管理といったマネープランを頭に思い描く方が多いようです。それらは実は枝葉の部分で、大切なのは根や幹。そう、ライフプランなのです。

つきたい職業や住みたい家。
夫や妻としてどのような暮らしを望むのか?
子どもは何人? 学校はどうする?
退職後・老後はどこで過ごす?

自分らしいライフプランの実現のためにはマネープランが必要です。
いつまでに、いくら必要か? あなたの理想の人生設計が具体的であればあるほど、必要なマネープランもはっきりしてきます。

■叶えたい夢に値段をつけてみる
叶えたい夢があるなら、その夢にぜひ値段をつけてみましょう!
なぜなら、夢に値段をつけることで、実現するために必要な費用・能力(スキル)等がはっきりし、自分がやるべきことが見えてくるからです。

例で考えてみます。
漠然と「海外留学したい」では具体的な行動・費用は見積もれませんが、「二年後に、イギリスの○○大学に、一年間留学したい」とすると、どうでしょう?

留学に必要なレベルの語学を学ぶための自己投資費用。渡航費用に滞在費用。学費や教科書等の教材費。留学中の身の回りの品をそろえる費用。一時帰国するための費用。(職を辞した場合)帰国後の転職活動の間に必要な生活資金など。
ざっと考えただけでもこれらの費用が考えられます。その額と現在の貯蓄額との差が貯めなければいけない金額になります。(二年後までに貯められそうですか?)

期限を切って、夢の実現に必要な金額を見積もることがファイナンシャルプランニングの出発点。お金のことになると、友人にもなかなか相談できず悶々と悩んでしまいがち。FP資格は金融系のキャリアを積みたい方のみならず、家計管理で悩んでいる方やこれから結婚・出産について考えたい方にはうってつけの資格です。ぜひトライしてみて下さい。自分の将来への取り組み方が確実に変わります!


海老原政子執筆者:海老原政子(えびはらまさこ)/二級FP技能士
元生命保険外交員、そして一児の母として子育て真っ最中の主婦目線でのアドバイスが好評。千葉市在住のアラフィフ。 家計収支の改善、住宅ローン、生命保険比較など、お気軽にご相談ください。
[保有資格]二級FP技能士/AFP、証券外務員(二種)、損害保険募集人資格(一般)、住宅ローンアドバイザー(住宅金融普及協会)

関連するおすすめコラム

関連するおすすめコラム

開業社労士の仕事大解剖~就業規則編~

2013-10-01
開業社労士の仕事大解剖~就業規則編~
■就業規則の作成・届出業務とは? 開業社労士の業務の一つとして、「就業規則の作成(現行規程の見直しを含...

医療関連資格は、一般企業でこんな風に活かせる!

2013-07-02
医療関連資格は、一般企業でこんな風に活かせる!
看護師、薬剤師、保健師、臨床心理士。どれも医療の現場でしか通用しない資格だと思い込んでいませんか?実...

公認会計士を、企業内の各部門で活かすには?

2013-07-02
公認会計士を、企業内の各部門で活かすには?
公認会計士といえば、会計系資格の最高峰に位置する国家資格。取得すれば、会計と財務のエキスパートである...

コーチングって指導することじゃないの?

2013-08-06
コーチングって指導することじゃないの?
コーチングは、現在、どの組織の中でも求められている能力です。 そのコーチングのスキルって指導する力...