資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

  • ホーム >
  • コラム >
  • 病院以外で医療事務??働き方によって年収は違う!

2013.08.08 (木)

病院以外で医療事務??働き方によって年収は違う!

この記事に関連する資格・スキル ▶

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
とても人気の高い医療事務のお仕事。病院の受付というイメージが強いですが、実際は、病院以外でも、診療所・クリニック、歯科医院、調剤薬局、介護施設など、その活躍の場はどんどん広がっています。また、その雇用形態も、正社員、パート、派遣社員とさまざまあるのも特徴です。この雇用形態によって、それぞれの年収にはどれほどの違いがあるのか、気になりませんか? 医療事務のお仕事は、結婚して家庭に入った後や、子育ての後などにも、資格を持っていれば比較的従事しやすい仕事です。その年収の違いを見極めて、自分のライフスタイルに合った働き方を選んで働いてみませんか?

■医療事務の働き方と年収の違い
現在の医療事務の働き方は、主に、正社員、パート、派遣社員に分けることができます。それぞれの平均年収を見てみることにしましょう。

○正社員の年収は?
一般的に、医療事務の正社員として勤務した場合、初任給は高卒で約15万円、大卒で約19万円といわれています。これらを年収にすれば、単純計算で180万円程度、また、ボーナスを加算しても200万円程度であるといわれています。

そして勤続年数を重ねて、30代で月収が25万~30万円程度になり、年収にすれば300万~400万円ほどになるといわれています。また、50代にもなれば、月収は35万円ほどが見込まれ、年収も450万円ほどになるといわれています。

圧倒的に女性の職員が多いという医療事務職に就いている人たちの間では、やはり結婚や育児で休職したい女性も多くいるようです。そこで、産休や育休制度が充実している正社員であれば、現場復帰しやすく、安定して給料をもらえるというメリットがあります。もちろん、賞与・退職金があることも金銭面での大きなメリットといえるでしょう。

○パートの年収は?
医療事務の現場でパートとして働く場合、スタート時の時給は850円ほどであるといわれています。実務経験がある場合には、時給1,000円~1,200円ほどになるケースもあるようです。時給850円で20日間、一日8時間働いた場合、月収は13万6000円、年収は163万円程度になります。さらに経験を積んでいくごとに時給が上がっていく職場もあるようです。

このパートの勤務形態は、ライフスタイルに変化の多い女性にとって、空いている時間に自由に働けるということや、休職中であっても、短時間でいいから現場に関わっていたいという女性にとって非常に有益です。それゆえ、給料がそれほど高くないとしても、ニーズは高く、需要も多いようです。

○派遣社員の年収は?
派遣社員とパートの違いは、直接雇用ではないという点にあります。派遣社員は、派遣会社と契約をし、お仕事そのものは派遣先企業で行いますが、給料は派遣会社からもらうことになります。
この派遣社員として医療事務のお仕事をする場合、平均時給は1,000円~1,300円くらいだといわれています。時給1,300円で20日間、一日8時間働いた場合、月収は20万8,000円、年収は250万円程度になります。実務経験があれば、時給1,500円で働けるケースもあり、月収は24万円、年収は288万円になります。

ただし、派遣社員の場合には、繁忙期だけの雇用になったり、短時間勤務だったりするケースが多く、正社員のように朝から夕方までフルで働ける求人だけではないようです。その分、時間を選んで働いたり、色々な職場を経験したりと、自分の都合に合わせて働けるのは魅力といえるでしょう。
参考までに、派遣社員の時給1,000円の仕事内容の例としては、端末やExcel、Wordの操作ができることや、医療事務経験者であることが条件で、カルテ検索、ファイリング、カルテ管理、カルテ搬送、調剤報酬のデータ入力、医事コンピュータ入力、レセプト報酬の業務があります。

一方、医療事務資格の要する時給1,500円の仕事内容の例をあげると、外来受付案内・会計、データ入力・カルテ整理、院長のスケジュール管理、資料作成の業務など、より責任の重い業務になるようです。

■資格によっては資格手当が出る
医療事務の資格は10種類以上あるといわれていますが、主に次の3つが有名です。

・診療報酬請求事務能力認定試験
・メディカルクラーク検定(医療事務技能審査試験)
・医療事務管理士検定

上記3つの資格のうち、診療報酬請求事務能力認定試験(医科)は、難易度も高く、実務経験レベルのスキルを要している証拠になるため、医療の現場では非常に重宝される資格です。仕事先によって資格手当が出るところもあるようです。
医療事務の仕事に長く従事することを目指すなら、この診療報酬請求事務能力認定試験の資格取得を目標にするのが良いといえそうです。

関連するおすすめコラム

関連するおすすめコラム

人生を変えたいあなたへ 愛され輝き続けるための10の質問 【その1】

2013-07-19
人生を変えたいあなたへ 愛され輝き続けるための10...
はじめまして。 タレントアップカウンセラーの諸岡亜貴子と申します。 「タ...

同じ薬剤師でも、働き方によってこんなに年収が違う!

2013-08-07
同じ薬剤師でも、働き方によってこんなに年収が違う!
調剤薬局や病院の他、ドラッグストア、製薬会社、学校・公共施設などさまざまな場所で活躍する薬剤師。彼ら...

教育系資格の年収ランキング

2013-08-01
教育系資格の年収ランキング
いわゆる「学校の先生」になるには、基本的に国家資格、もしくは民間資格が必要となります。この、人を教え...

人生を変えたいあなたへ 愛され輝き続けるための10の質問 【その2】

2013-10-01
人生を変えたいあなたへ 愛され輝き続けるための1...
こんにちは。 タレントアップカウンセラーの諸岡亜貴子です。 日に日に過ごしやすい季節になってきまし...