資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

伝統工芸士の基礎知識

伝統工芸士とは?

伝統工芸士とは、後継者の不足等により低迷している工芸品産業の需要拡大を目指して誕生した資格で、伝統工芸士にはその技術を後世に伝える責務が課せられています。認定されるには、伝産法に基づき伝統的工芸品産業振興協会が行う認定試験に合格し登録される必要があります。

仕事について

日本には、古くから伝わる伝統産業がたくさん残っています。これらに関わる仕事にあこがれる若者も多くいますが、そのために必要になるのが伝統工芸士の資格です。この資格を持つことによって、いくつかのメリットを得られます。たとえば、伝統工芸品を扱う者としての信頼を他社から受けるために役立ちます。また、伝統工芸に関する知識が充実することで、その後伝統工芸品への見方が変わり、仕事へ取り組む姿勢も変えることが出来ます。伝統工芸士を持っていないと関われない仕事もたくさんあるため、将来伝統産業を販売流通させる仕事や、自分の手で継承したいと考える場合にはメリットの大きい資格であるといえます。資格取得のための専門課程もあります。

年収について

伝統工芸士の収入は、工芸の分野でかなり差がありますが、木工品の場合は平均年収は313万円程、ガラス製品工芸は467万円程であると推定されています。この資格を取得するには、12年以上の実務経験が必要です。優れた日本の職人の技術を次世代に伝えるという、大変重要な役割を伝統工芸士は担っています。最近は各地の伝統工芸品の良さが見直されていますし、新しい世代の職人のデザインにも注目が集まっているので、将来性のある資格と言えます。この資格取得することで、自分の持っている技術や知識が証明されるので、独立して工房を開きやすくまります。伝統を守りながらも、自分のスタイルで新しいビジネスチャンスを切り開いていくことが収入アップにつながります。

難易度と試験対策

伝統工芸士の試験対策は、まず自分がどのような伝統工芸に興味が有るのかから始まります。当然、この資格には技術がつきものです。自治体などからの予算配分を受けて、伝統的な工芸品を作るための資格なわけですから、技能が卓抜していなければいけません。好みの工芸品を見いだせたら、その工芸品を扱っている名匠からの師事を受けるのが、試験対策としては一番です。働かせてもらいながら、技能を磨けます。工芸士には分野別に内規もあるので、そういった所を覚える点でも、その分野の人に薫陶を受けるのが一番の対策になるのです。公募展に入選するなどの実績があれば、尚更道は開けてきます。伝統工芸士は狭き門ですが、長年続ければ必ず結果は出ます。頑張りましょう。

関連資格

華道

華道とは、四季折々の樹枝・草花などを切って花器に挿し、その姿の美しさ、いのちの尊さを表現し観賞する芸術です。 茶道などの他の諸芸と同様、礼儀作法を大切にする日本の伝統的な芸術です。植物のみや、植物を主にその他様々な材料を組み合わせて構成し、鑑賞する芸術である。「花道」とも表記し、またいけばな(生け花、活花、挿花)とも呼ばれる。 ただし華道という呼称は「いけ...

図書館司書

図書館司書とは図書館においてさまざまな知識を持つ専門的な職や役割の事で、日本でこう呼ばれているものは一般的に公共図書館の規定する法律である図書館法による司書となる資格の事です。資格を取得していれば国立図書館や学校図書館、そして専門図書館で勤める事が出来ますが、図書館司書資格を求めてない所もあります。

時刻表検定

1999年(平成11年)秋より始まった、時刻表に関する検定のことである。時刻表検定協会の主催で、1999年(平成11年)から、2009年まで、15回開催し終了しました。

参考書籍

  • 美の匠たち―女性伝統工芸士の世界