資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

話しことば検定の基礎知識

話しことば検定とは?

話しことば検定とは自分の考えていることや思いを正確に伝えることのできる話しことばを自分のものとし、コミュニケーション力を高めて、美しい日本語の継承、正しく豊かな話しことばを広めていくことまで含め、日本語での話しことばの力を高めていく一助となるものです。
また、社会人として身に着けたい知性・的確な表現力を証明できる資格でもあります。

仕事について

 【就職先】
3、2級であれば、就職のときに有利ともなります。しかしながらこの検定試験の級を保有するというだけでは決定的とはいえません。ほかに何か専門的な資格や知識、経験があってこその補助的に働くものと考えておいたほうがよいでしょう。

 【仕事内容】
1級ともなれば、企業や店舗を相手としたコンサルタント業務に有利となることもあります。
また、話しことば検定は学校教育、あるいは、社員教育などの教育の現場で活躍する際にも役に立つ一助ともなりうるでしょう。そのほかには、各種講師・教員・カウンセラー・営業職など、人に言葉で伝える仕事、人とのコミュニケーションが特に必要な仕事をする際にも話しことば検定は有利に働くでしょう。

年収について

 【話しことば検定で発生する年収】
話しことば検定を取得している人の年収は現在出ていません。話しことば検定で合格したからといって、それだけで就職・独立が見込めることは可能性としては低いとされています。しかしながら、ほかの専門的な知識・資格・経験を併せることでより就職や仕事に有利に働くことは必至で、給与のアップにもつながることもあるでしょう。

 【話しことば検定関係で収入を得るには】
1級ともなれば、話しことばとしての高度で専門的な知識と技術をもてます。
しかしながら、話しことば検定だけで収入を得ることは難しく、他の得意分野や専門的な資格・知識・経験を併せ持つことで、話しことば検定の知識や技術が活かされ収入に繋がる傾向が一般的とされています。

難易度と試験対策

社会の常識的な話しことばから、ビジネスシーンにも対応する基本的能力から専門的な能力までを試せます。
そのため、級に応じた学習も必要となります。

 【合格率】
1級は100点満点のうち75%7の正解で合格となります。
2級は80点以上で合格、3級は70店以上で合格となります。
2級のみスピーキングテストがあり、AからEまでの5段階評価のうち、C以上を合格とします。

 【試験問題例と試験対策】
1~3級まで三つの試験区分に分かれています。

 【3級】
・社会のなかにおいてよいコミュニケーションがもて、ビジネスシーンにおいてもよい適応ができる、話しことばとしては基本的な能力を試します。

 【2級】
・社会生活におけるさまざまなシーン別、ビジネスにおける様々なケース別での的確な対応時の話しことばの能力を試します。

 【1級】
・高度で専門的な知識と技術をもって、さまざまな分野においてリーダー的な役割がはたせるかどうかを試します。

 【試験対策】
試験の領域としては、2~3級では話す・聞くことの基本とその実践、語彙・敬語など、音声言語の知識・表現の技術、あいさつ・受け答え・ビジネスシーンでの運用について、スピーキング(2級のみ)となっています。1級では、話しことばの知識とその実践、敬語・音声・プレゼンテーションなどについて、共通語の音声の知識と技術、政治・経済・社会などの一般常識、文章の要約・論文などについてとなっています。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

日本常識力検定

日本常識力検定とは、日本人としての「常識」、人との相互理解を円滑に行っていくためにも基本的なものだと定めて、共通認識に基づく知識・表現方法をなど、受験者の「常識の力」を診断する検定です。そしてそのレベルを認定できる検定試験となっています。

エスペラント検定

エスペラント語は1887年、中立公平で学びやすい国際共通語として考案された言語である。日本エスペラント学会は、日本でエスペラント語を学ぶ人が、自分のエスペラント語力を把握できるように、エスペラント学力検定試験を実施している。レベルはエスペラント検定1級~4級まである。

データ解析士

統計データ分析士(解析士)は、統計科学研究所が行っており、第1種から第3種までの資格があります。IT関係にかぎらず統計全般にわたって分析する能力を試していくものとなっています。 この資格を有することによって、さまざまな調査に基づく集計と解釈が可能であるということの証明になり、企業では高く評価され、就職に有利となるほか、企業などの中核部分で...