資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

日本常識力検定の基礎知識

日本常識力検定とは?

日本常識力検定とは、日本人としての「常識」、人との相互理解を円滑に行っていくためにも基本的なものだと定めて、共通認識に基づく知識・表現方法をなど、受験者の「常識の力」を診断する検定です。そしてそのレベルを認定できる検定試験となっています。

仕事について

【 就職先】
日本常識力検定を持っているだけでなく、他にも複数の資格を持つことで企業や店舗のコンサルタントとしての仕事に就く方法があります。あるいは学校教育に関する仕事をしている人が、補助的な資格として持つことが多い傾向にあります。
このため、日本常識力検定を受けて何等かの級を保有しているからといって、それが決定的に就職に有利になるとは言い難いですが、注目されることには違いないでしょう。

【仕事への影響】
この検定を受ける際に勉強したことが、日常生活を送るうえでより円滑に人とのコミュニケーションがとれるようになったりすることで、仕事にもよい影響を与えると考えられています。

【仕事内容】
日本常識力検定協会の認定した講師という道もありますが、現在ではすぐに就職することができるというわけではないようです。日本常識力検定協会の認定した講師のほかに、何か専門的な資格や知識や経験があって、仕事として成り立つことが多いようです。

年収について

【日本常識力検定の年収】
日本常識力検定に合格して、何等かの級を保有しているからといってそれだけで収入が発生することは、ないに等しいといえます。
ほとんどの場合、日本常識力検定の資格は補助的なものとなるため、日本常識力検定だけで収入が発生することも難しいでしょう。日本常識力検定協会の認定した講師という道もありますが、この職業のはっきりとした収入は今のところ、明示されているものを見つけることは困難と思われます。

【日本常識力検定で収入を得るには】
日本常識力検定で収入を得るには、それだけでなくほかに何か得意とするもの、専門的な知識や資格をもち、就職・独立することで収入が発生します。
就職に決定的に有利になるというより、何か専門的な資格や知識、経験、得意な分野があってこそ生きてくる性質の資格といえそうです。

難易度と試験対策

日本常識力検定の検定内容、および出題範囲とは日常的な出来事を主なテーマとしています。そして、行動する範囲に従って1級~3級まで分かれているものです。知識に関する問題については、学校教育のレベルにより1級~3級に分かれています。
【1級】
1.家庭内、あるいは家庭を中心とする近隣社会での行動に関する常識
2.地域社会内での行動に関する常識
3.日本国内での行動に関する常識
4.国際世界、地域環境での行動に関する常識
5.社会生活における発展的な知識と教養
6.社会生活における応用的な知識と教養と各専門分野における専門知識
【2級】
1.家庭内、あるいは家庭を中心とする近隣社会での行動に関する常識
2.地域社会内での行動に関する常識
3.日本国内での行動に関する常識
4.社会生活における基礎的な知識と教養
5.社会生活における発展的な知識と教養
【3級】
1.家庭内、あるいは家庭を中心とする近隣社会での行動に関する常識
2.地域社会内での行動に関する常識
3.社会生活における基礎的な知識と教養」となります。
【合格率と試験対策】
問題形式は、100問4肢択一式となり、マークシート方式で答えます。正解数70問で合格となります。試験対策としては、問題集を繰り返し演習することで、合格率もアップできるものです。

関連資格

データ解析士

統計データ分析士(解析士)は、統計科学研究所が行っており、第1種から第3種までの資格があります。IT関係にかぎらず統計全般にわたって分析する能力を試していくものとなっています。 この資格を有することによって、さまざまな調査に基づく集計と解釈が可能であるということの証明になり、企業では高く評価され、就職に有利となるほか、企業などの中核部分で...

歴史能力検定

歴史能力検定とは歴史能力検定協会が実施している検定試験です。1級から5級まであり、3級以上は日本史と世界史に分かれます。歴史に対する知識を深めることによって現代における判断力を深める目的があり、2級以上の合格者には高卒程度認定試験や通訳ガイド試験の受験科目一部免除などの特典があります。

日本語教育能力検定

日本語教育能力検定とは、日本語教育を行う専門家として基礎的水準に達しているかを評価される資格です。財団法人日本国際教育支援協会が主催しており、日本語教師としての有資格者となれるため非常に需要の高い資格となっています。

参考書籍

  • 監修 日本常識力検定協会 いまさら人には聞けない 大人の常識力トレーニングDS
  • 日本常識力検定試験問題集3級 vol.6―日本常識力検定協会公認
  • 日本常識力検定試験問題集1級―日本常識力検定協会公認 (Vol.1)