資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

日本語文章能力検定の基礎知識

日本語文章能力検定とは?

日本語文章能力検定は日本語文章能力検定協会が実施する文章に関する検定です。試験では内容把握能力・構成能力・表現能力・作成能力の4つの能力を判定される。
公開会場(個人受検)としては日本漢字能力検定協会の実施する日本漢字能力検定と共に年3回実施される。
平成21年度より下記の通り休止されているが、再開の予定は立っていません。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

日本常識力検定

日本常識力検定とは、日本人としての「常識」、人との相互理解を円滑に行っていくためにも基本的なものだと定めて、共通認識に基づく知識・表現方法をなど、受験者の「常識の力」を診断する検定です。そしてそのレベルを認定できる検定試験となっています。

日本漢字能力検定

日本漢字能力検定とは一般に漢字検定、または漢検と呼ばれる漢字能力に関する検定であり、高校受験や大学受験の際に年齢に適した級を取得していることにより受験に有利になったり、履歴書にも書くことができるので漢字能力が必要な職業であれば有利になったりします。

校正技能検定

校正技能検定とは、書籍や資料の文章を誤字・脱字・不備が無いよう整える、校正作業の知識や技能を認定する検定の事です。試験は日本エディタースクールの主催・実施の元行われ、初級・中級・上級と三段階あります。現在まで中級合格者は4000人程度、上級合格者は500人程度と、難易度が高い分、実用的な資格です。

参考書籍

  • 日本語文章能力検定2級徹底解明
  • 日本語文章能力検定準2級徹底解明
  • 日本語文章能力検定3級徹底解明