資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

歴史能力検定の基礎知識

歴史能力検定とは?

歴史能力検定とは歴史能力検定協会が実施している検定試験です。1級から5級まであり、3級以上は日本史と世界史に分かれます。歴史に対する知識を深めることによって現代における判断力を深める目的があり、2級以上の合格者には高卒程度認定試験や通訳ガイド試験の受験科目一部免除などの特典があります。

仕事について

歴史を学ぶことによって現代社会における問題や事象のルーツを知ることができというのは大きなメリットです。それによってニュースの意味や背景への理解を深めたり、世界の人々との交流を深めたり、身の回りの暮らしの中に息づく我々の先祖が残してきた営みを知ることができます。歴史への理解を深めるということは、我々の生活により深みを与えるものなのです。

年収について

この資格を持っているだけでお金を得ることはできませんが、能力検定を、検定する側になることができれば、この資格をもとにした収入を得ることができ、その金額は一年間で600万円ほどです。もしも歴史が大好きで大変に興味を持っている方がいましたら、趣味で収入を得ることができる仕事ですので検定を受けてみてください。

難易度と試験対策

歴史能力検定は1級から5級まであり、3級以上は日本史と世界史に分かれるのでそれぞれを選んで受験することができます。
小学校で学習する程度の内容を問う5級から専門的な知識を問う1級まで幅広く選ぶことができますが、いずれも教科書で学ぶような内容が多く出されるため、試験対策としてはまず各レベルに応じて学校の教科書をきちんと読むことが大切です。学生の場合は受験勉強をしているうちまたは受験後などに受けた方がよく覚えているでしょう。
また教科書の内容だけでなく時事問題なども多く出題されるので、ニュースなどもしっかりチェックしておきましょう。
解答方法も3級までは選択式ですが、2級以上になると記述問題、1級は記述だけでなく論述問題も出題されるので特に2級以上は記述・論述試験対策も必要です。

問い合わせ
歴史能力検定協会

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

日本語教育能力検定

日本語教育能力検定とは、日本語教育を行う専門家として基礎的水準に達しているかを評価される資格です。財団法人日本国際教育支援協会が主催しており、日本語教師としての有資格者となれるため非常に需要の高い資格となっています。

理検(理科検定)

理検(理科検定)とは、2009年12月まで日本理科学検定協会が実施してきた理科学検定が2010年以降は休止となり、現在では、理科検定と名称変更され実施されています。 地学から物理まで広い範囲での理科系の知識の認定をする検定試験です。

レタリング技能検定

レタリング技能検定とは、書体デザイン、レタリングの知識と技能を認定する検定試験です。 難易度は1級普通。2級やや易しい。3級、4級やさしい。合格率は1級は5%、2級は35%、3級は60%、4級は78%ほど。広告や印刷物用に活字書体を書き直したり、文字全体のデザイン、印刷文字の書体作成などに使われます。

参考書籍

  • 歴史能力検定協会公認/山川出版社監修 歴検DS
  • 歴史能力検定1級 日本史過去問集〈Part2〉
  • 歴史能力検定2級 日本史過去問集 解答・解説