資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

理検(理科検定)の基礎知識

理検(理科検定)とは?

理検(理科検定)とは、2009年12月まで日本理科学検定協会が実施してきた理科学検定が2010年以降は休止となり、現在では、理科検定と名称変更され実施されています。
地学から物理まで広い範囲での理科系の知識の認定をする検定試験です。

仕事について

この検定はメリットが多く、津波の発生の仕組から鶏インフルエンザや狂牛病などの問題などが多く、身近な不思議な現象や出来事を解明させる問題が多く、日常の多くの疑問を理解する事ができます。8つの級にわかれているのが理化学検定で、3級までなら小学6年生からから中学3年生レベルと難易度は低くなっており、地球の環境問題や日常に溢れる不思議な出来事や不思議を知り解明する事ができ、話題のニュース等の背景も知る事ができます。

年収について

理科学検定は理研という略称で有名な資格です。広く知られていることから、資格者には理科に関する広範な知識や、環境やエネルギーに対する深い理解があるという認識がなされています。このことから理系の専門職に就業する際に大いに役立ちます。通常の会社員からこの資格を取得した場合の収入は、年収にして200万円ほどの増加があります。現在の年収が500万円であれば、最大で750万円ほどまでは伸ばすことができます。理科学検定の最大の魅力は、伝統ある資格で信頼性のあることと、そのおかげで幅広く高収入の仕事に就けることだと理解しておきましょう。資格を取得したいと思ったらまずは実際に資格を持っている人から、学習のアドバイスを受けるところから始めるのがおすすめです。

難易度と試験対策

理科学検定を受けようと思っている方は多いです。この検定は、理系の、中でも数学ではなく理科に興味を持っている方が多数受験するもので、これに合格することができれば研究者などの仕事に就くことが容易になります。そのため、研究者を志している人はこれを受けてみるとよいでしょう。ただし、知識を持っているだけでは合格はあり得ません。暗記科目ではないため、試験対策のためには自分の思考能力を鍛えておく必要があります。柔軟な発想力や、まったく新しい視点というのが合格のためには絶対的に必要になってくるのです。一級がもっとも難しく価値のあるものですが、合格率は20パーセント未満とかなり難しくなっていますので、しっかり発想力を鍛えて臨みましょう。

問い合わせ
数検理検国際機構

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

統計士

統計士とは、一般財団法人実務教育研究所が運営している民間資格です。講座と報告課題、終末試験で基準点を超えることができれば取得可能な資格です。統計のノウハウを有していることを、照明する資格でもあります。

日本語文章能力検定

日本語文章能力検定は日本語文章能力検定協会が実施する文章に関する検定です。試験では内容把握能力・構成能力・表現能力・作成能力の4つの能力を判定される。 公開会場(個人受検)としては日本漢字能力検定協会の実施する日本漢字能力検定と共に年3回実施される。 平成21年度より下記の通り休止されているが、再開の予定は立っていません。

レタリング技能検定

レタリング技能検定とは、書体デザイン、レタリングの知識と技能を認定する検定試験です。 難易度は1級普通。2級やや易しい。3級、4級やさしい。合格率は1級は5%、2級は35%、3級は60%、4級は78%ほど。広告や印刷物用に活字書体を書き直したり、文字全体のデザイン、印刷文字の書体作成などに使われます。

参考書籍

  • 理検の完全対策 (3~5級)