資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

旅行地理検定の基礎知識

旅行地理検定とは?

旅行地理検定とは、旅行地理検定協会が開催している試験で、2013年6月時点ですとのべ21万人が受検しています。最難関の1級は合格率が1桁になる大変難易度が高い試験です。
地理や旅行が好きな人の受検が多く、旅行に関しての知識資格である事から、旅行業界・地図業界への就職に役立ちます。

仕事について

受験者の中にはこの資格を習得し、旅行業への就職を考える人々もいます。実際に、旅行業に進めば、試験習得の際に学んだ知識は必ず活かす事が出来るでしょう。この資格の習得を足掛かりにし、新しい興味に気づくことが出来るかもしれません。民間の資格ではありますが、この資格の習得と資格を通して学ぶ知識は、私生活から就職まで、幅広い分野で活用する事が出来るのです。

年収について

この旅行地理検定試験に合格すると、会社での収入アップも見込めます。収入は勤務している旅行会社によって、勤務年数によってもことなるので一概にはいえませんが平均年収300万円~350万円というところです。

難易度と試験対策

旅行地理検定は誰でも受験でき合格率も30%以上あるため地理が好きで勉強したいときに良い検定資格です。試験対策は認定基準は国内と海外の試験が1級から4級までありこれから地理を勉強するなら4級の初歩的な知識から学ぶようにします。試験は6月と12月の2回あります。2級から4級までだったらネットで受験できますが1級のみ会場の受験になります。4級でも主な観光ポイントについて300ヶ所の範囲から70問は出ますから観光地について興味を持ちながら学習しないと暗記だけだとむずかしく感じる部分もあります。各観光スポットと関連づけながら覚えていくようにします。1級になると2000ヶ所の中から問題が180問出てきますから国内外の観光名所はほぼ知っているような状態で試験に臨むようにします。

問い合わせ
旅行地理検定協会

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

レタリング技能検定

レタリング技能検定とは、書体デザイン、レタリングの知識と技能を認定する検定試験です。 難易度は1級普通。2級やや易しい。3級、4級やさしい。合格率は1級は5%、2級は35%、3級は60%、4級は78%ほど。広告や印刷物用に活字書体を書き直したり、文字全体のデザイン、印刷文字の書体作成などに使われます。

日本常識力検定

日本常識力検定とは、日本人としての「常識」、人との相互理解を円滑に行っていくためにも基本的なものだと定めて、共通認識に基づく知識・表現方法をなど、受験者の「常識の力」を診断する検定です。そしてそのレベルを認定できる検定試験となっています。

「数検」実用数学技能検定

「数学検定」と「算数検定」は正式名称を「実用数学技能検定」といい、それぞれ1~5級と6~12級の階級に相当します。数学・算数の実用的な技能(計算・作図・表現・測定・整理・統計・証明)を測る検定で、財団法人日本数学検定協会が実施している全国レベルの実力・絶対評価システムです。

参考書籍

  • 完全制覇国内旅行地理検定試験 平成25年度受験用
  • 旅行地理検定公式問題集 海外旅行地理検定試験〈第6集〉
  • 旅行地理検定試験の問題と解説〈第4集〉 国内旅行地理編