資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

統計士の基礎知識

統計士とは?

統計士とは、一般財団法人実務教育研究所が運営している民間資格です。講座と報告課題、終末試験で基準点を超えることができれば取得可能な資格です。統計のノウハウを有していることを、照明する資格でもあります。

仕事について

取得したからといって、それほど就職に有利にはなりませんが、統計の知識があるとないでは大きな差が出ます。品質管理やマーケティングを行うときにどのぐらいのサンプル数が必要であるかとか、またそのデータの分析はどう行っていけばいいのかがわかれば、きちんとした根拠を持って、それをどう今後の仕事に結び付けていけばいいのかを考えることができます。株価などの数値的なデータを分析する方法がわかれば、きちんとした分析から次の一手を考えていくことができます。つまり、さまざまな統計的な知識をつけ、その知識を広げて、より仕事を有利に行うことができるようになるといった点がメリットになるのです。

年収について

あまりご存知ない方もいらっしゃるでしょうが、非常に実務に役に立つ資格となっていまして、マーケティングや商品販売には欠かせない資格となっています。収入の面に関しても、400万円から500万円ほどの年収が得られることが多くなっていますので、ビジネスマンは是非取得しておきたい資格となっています。

難易度と試験対策

この試験には1級から4級のほか、統計調査士、専門統計調査士などの部門があります。毎年11月に実施されており、大学で学ぶような専門知識が問われます。試験対策としては、大学で統計を学んでいる場合はその内容が基礎となるので学習がしやすくなります。一般的には、テキストと過去問題集を用意し、過去問題集の問題をときながら、分からない箇所をテキストで調べ学習する方法が効率的です。どこが自分にとって難しいのか、きちんと把握することで対策がしやすくなります。この試験のための勉強期間は個人差がありますが、夏ごろから試験対策をはじめる人が多くいます。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

データ解析士

統計データ分析士(解析士)は、統計科学研究所が行っており、第1種から第3種までの資格があります。IT関係にかぎらず統計全般にわたって分析する能力を試していくものとなっています。 この資格を有することによって、さまざまな調査に基づく集計と解釈が可能であるということの証明になり、企業では高く評価され、就職に有利となるほか、企業などの中核部分で...

「数検」実用数学技能検定

「数学検定」と「算数検定」は正式名称を「実用数学技能検定」といい、それぞれ1~5級と6~12級の階級に相当します。数学・算数の実用的な技能(計算・作図・表現・測定・整理・統計・証明)を測る検定で、財団法人日本数学検定協会が実施している全国レベルの実力・絶対評価システムです。

理検(理科検定)

理検(理科検定)とは、2009年12月まで日本理科学検定協会が実施してきた理科学検定が2010年以降は休止となり、現在では、理科検定と名称変更され実施されています。 地学から物理まで広い範囲での理科系の知識の認定をする検定試験です。

参考書籍

  • 日本統計学会公式認定 統計検定 問題と解説(2011年11月)2級・3級・4級
  • 日本統計学会公式認定 統計検定 問題と解説(2011年・2012年)統計調査士・専門統計調査士
  • 日本統計学会公式認定 統計検定 問題と解説(2012年)1級・RSS/JSS試験