資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

司書(補)の基礎知識

司書(補)とは?

図書館の司書(補)になるには、普通は大学の専門的な履修科目を受講して、単位を取得する必要があります。
それだけでなく、インターネットなどの通信講座を利用することで、自宅学習をして資格取得をすることも可能な資格です。

仕事について

 【仕事内容】
司書(補)の仕事は、一般的には、図書館資料の選択や発注、受け入れ、図書の分類、目録の作成などの業務のほか、貸出業務、読書案内を主に業務として行っていきます。司書(補)というのは、そういった「司書」の仕事を「補佐」する役割を担います。

図書館の司書(補)の重要な役割の一つに、利用者の希望する内容が記載された書物を探す手助けをする「レファレンス業務」があります。専門の知識だけでなく、深い経験と幅広い探求心も必要となる仕事です。

そのため、司書の資格をとったからといって、すぐに身に付くものではなく、資格をとってからの仕事のなかで経験を積み上げ、身に着けているべきものと考えられているようです。

年収について

 【司書(補)の年収】
司書、司書補の年収・月収は雇用形態によっても大きく差が生じてくるため、一概にこの程度であると言うことは難しいといえます。
近年の傾向として、契約社員・派遣社員・パートとして雇用されるケースも多くなってきています。そのため、給与が時給制になっていることも多くあります。よって、平均年収がいくらと明言しにくくなっているのが実情といえます。

 【給与例】
実際的な時給や日給は図書館の規定、さらには地域格差も影響してきます。
時給は比較的高い場合で1,000円前後です。日給は平均的なものになりますが、6,500円~8,000円程度が相場になっています。月給の場合の相場については、15万円弱というところもあります。しかしながら、大学の図書館司書として就職する場合なら月給18万円程度になるようです。

難易度と試験対策

司書(補)の受験資格は、一律ではなく各自治体によって異なってきます。とはいえ司書(補)の資格自体は取得していなければ就職試験も受けさせてもらえませんので、司書(補)として仕事をしたいのであれば資格の取得は必須といえます。

 【試験対策】
特に試験対策はなく、指定の講習を受ければ取得は可能です。
しかしながら、資格を取得するには、条件が決められておりその条件に合致していなければ講習も受講できません。

 【資格取得の条件】
1.大学に2年以上在学(短大卒業者含む)しており、62単位以上を修得、あるいは高等専門学校を卒業している者。
2.2年以上の司書補(国立国会図書館、または大学、または高等専門学校の附属図書館の職員で司書補に相当するものも含む)としての勤務経験がある者。
また、司書補の資格取得のための受講条件は「高等学校、あるいは中等教育学校を卒業している者。もしくは高等専門学校第三学年を修了している者」となっています。

問い合わせ
日本図書館協会

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

JPIC読書アドバイザー

読書は、ひとりで読む楽しみの他にも、読みきかせ、ブックトーク、朗読、読書会などで親子や仲間とともに楽しむ方法や、読書ボランティアとして病院や学校、書店や図書館など地域社会で活用する道もあります。読書からの広がりや具体的な技法について、実習を交えて親切に教育いたしますので、読書活動の中で、業務の中で、実践に移すことができます。

社会教育主事

社会教育主事とは法律の定めにより都道府県及び市区町村の教育委員会事務局に必置の職員です。社会教育主事は、教育職員としての免状を保有しているなどの任用資格を満たしたうえで、当該都道府県または市区町村の教育委員会に社会教育主事として任用されることで、初めてその名称を称することができます。

高等学校教諭

高等学校教諭とは高校の教員の事であり、校長等一部を除き、ほとんどの教員が該当しています。教員になるには教科に応じた高等学校教諭普通免許状を持っていなければなりません。生徒の教育はもちろんの事、安全管理、健康面、生徒保護の業務も行います。