資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

会員登録はコチラ

ログインはコチラ▼

close

パスワードを忘れた場合はコチラ

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

司書教諭の基礎知識

司書教諭とは?

司書教諭とは、主幹教諭・指導教諭。教諭から司書教諭講習を修了したものがあてられます。学級数が合計12学級以上の学校には司書教諭を置く事を義務付けられており、多くの学校でニーズがある資格となっています。

仕事について

司書教諭というものをご存知でしょうか。ここではそれについてのメリットを話したいと思います。まず教員採用試験の時に加点されます。また、司書教諭の方を対象とした研修に参加でき、多くのことを学ぶことができて知識を増やすことができます。もちろん学校の図書館に勤務することも可能です。小学生のころに図書館に行ってよく先生と話した方も多いと思います。そこでそんな先生になりたいと思った方はこの資格を取得することでそれが可能になります。それだけではなくほかにも就職に有利になります。特に教育関係のお仕事に有利になります。時折就職の募集条件に含まれていることもありますので幅広く就職活動ができます。この資格にはこれだけのメリットがあるのです。

年収について

司書教諭の資格を取ると大体地方公務員に準ずる形となりますので、平均年収は600から700万程です。司書教諭の資格は学校図書館運営で主に役に立つものですが、教師を目指す人には取っておくとステータスアップとなり良いかもしれません。今、この資格は学校の図書館のみに効力を発揮するので、教師と兼業している人が多いのも実態としてあります。ですので、制度が変わり設置する学校が多くなれば割とこの資格で稼いでいくことができる可能性が多くあります。収入の面からみても資格を取るのに掛かるコストと勉強の労力を考えてみても高収入ですので、教師を目指す、あるいは教育や子供の世話に関心のある方は取っておくに越したことはないでしょう。

難易度と試験対策

この資格を取得するためには、大学や短期大学で決められた科目の単位をすべて取得するか、文部大臣の委嘱を受けた養成機関の講座を修了する必要があります。また、養成機関の講座を受けるためには、小学校や中学校、高等学校、特別支援学校などの教員免許状を取得しているか、大学に2年以上通い、62単位以上を取得している必要があります。司書教諭の資格を得るためには、この大学、短期大学や養成機関のどちらかにおいて科目または講座を修了すれば資格が必ずもらえます。司書教諭採用のための試験対策としては、過去の試験問題をやる他に、試験対策講座などもあります。資格取得の年齢制限はなく、資格取得後も更新の必要などはありません。

問い合わせ
文部科学省

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

高等学校教諭

高等学校教諭とは高校の教員の事であり、校長等一部を除き、ほとんどの教員が該当しています。教員になるには教科に応じた高等学校教諭普通免許状を持っていなければなりません。生徒の教育はもちろんの事、安全管理、健康面、生徒保護の業務も行います。

幼稚園教諭

幼稚園教諭とはなにかについてはまず幼稚園教諭とは、幼稚園において園児の教育や保育を司ることを生業とする職業です。基本的には幼稚園教諭免許状が取得出来る大学や短期大学で必要単位を修得して卒業した者がなる事が出来ます。

小学校教諭

小学校教諭とは、小学生に授業を教える際に必要になってくる資格をもっている人のことです。全国で数万人が、この資格を取って、日々、小学生たちに対して授業を行っています。運営もとは国なので小学校教諭は公務員です。

参考書籍

  • 学ぶ喜びを広げる司書教諭の活動―司書教諭マニュアル
  • 司書・司書教諭になるには (なるにはBOOKS)
  • 情報メディアの活用 (司書教諭テキストシリーズ (05))