資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

土木施工管理技士の基礎知識

土木施工管理技士とは?

土木施工管理技士とは、一般土木工事において工事の進捗や品質の維持を管理するための仕事をするために必要な資格で、一級と二級に分かれており取得までの実務経験年数や指定学校の卒業条件などにより区分されている国家資格です。

仕事について

土木施工管理技士と聞けば、建設現場において工事の施工監督を行うために必要な資格だけだと思われますが、それ以外にもその資格の活用方法があります。
最近増えてきているのが、国土交通省や都道府県の出先事務所において、国や県の職員が行うべき土木技術分野の仕事を外注し、設計会社や人材派遣会社がその業務を請け負うといった形態が増えてきています。民間企業の立場をもって行政の仕事に携わるといったものです。
かつて公務員として土木分野で活躍したいと思っていたが、その門が狭かったため断念した方にとっては新たに訪れたチャンスです。これまでの土木分野での経験と土木施工管理技士資格のメリットを生かして国や県の仕事を目指せます。

年収について

土木施工管理技士の収入は平均400万円程度です。代表的な就職先は土木系企業、建設系企業ですが大手企業に就職すれば年収が増加する傾向にあり、大手の上場企業の場合600万円~800万円程度の年収を得ることが可能です。企業によって大きく異なるため就職先を良く検討して決めることが重要です。また仕事柄残業や休日出勤が多いため仕事内容によっては残業代等で上記より年収が高くなることもあります。他にも仕事を行う上で必要なコミュニケーションスキルや専門知識を身に付ける努力をすることでキャリアアップにつながり最終的に年収を上げることができます。就職先の十分な検討と就職してからも日々勉強や努力を欠かさず行うことで一般的なサラリーマン以上の年収を得られることも十分可能です。

難易度と試験対策

土木施工管理技士とは、国土交通省が所管する施工管理技士国家資格の一つで土木工事において主任技術者や監理技術者として建設現場における工程管理、安全管理など工事実施に必要な技術上の管理などを行うための資格です。1級と2級に分かれており、1級は主任技術者および監理技術者として、2級は主任技術者として認められる資格を有することになります。
1級、2級とも試験は学科試験と実地試験に分かれており、1級では学科試験合格者のみ実地試験の受験資格が得られ、2級では学科試験と実地試験が同日に実施されます。
この資格試験の試験対策としては、土木一般・専門土木・法規の選択科目及び必須の施工管理等について、市販のテキストと過去問題集を上手に活用して不得意分野を一つ一つ克服することが有効となります。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

インテリアCG検定試験

CG操作による実践的な店舗レイアウトやデザインの表現力を問う検定試験で、2段階に分けて試験を実施します。店舗レイアウトや色彩、照明、床、壁などCGによって具現化できるかを判定します。全国建築CAD連盟が実施しています。

インテリア設計士

インテリア設計士は、経済産業大臣の許可を得た「社団法人日本室内装備設計技術協会=日本インテリア設計士協会」が認定する資格です。当協会が行う「インテリア設計士資格検定試験」に合格し登録を行うことにより「インテリア設計士」の資格を取得することができます。

土地区画整理士

土地区画整理士とは土地区画整理事業の円滑な施行が進められることを目的として設けられています。この事業に関する専門的知識の維持向上を図るために、国土交通大臣が主催する技術検定試験に合格すると、この資格が与えらます。

参考書籍

  • 詳解 1級土木施工管理技術検定試験過去5年問題集
  • これだけマスター 1級土木施工管理技士 学科試験 (LICENCE BOOKS)
  • 2013年版 1級土木施工管理技術検定試験 徹底図解テキスト