資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

土地区画整理士の基礎知識

土地区画整理士とは?

土地区画整理士とは土地区画整理事業の円滑な施行が進められることを目的として設けられています。この事業に関する専門的知識の維持向上を図るために、国土交通大臣が主催する技術検定試験に合格すると、この資格が与えらます。

仕事について

土地区画整理士のメリットは、不動産会社への転職ができるようになります。特に大規模に土地を収用して再開発を行っているようなデベロッパーで働くときには、この土地区画整理士という資格が大変重要なものとして尊重されます。土地の区画整理についての技術的な問題点から、建築についての知識にとどまらず法律についても専門知識があるので、土地収用に関してはすべてを任せることができる人材であるということが資格によって証明されているからです。デベロッパー以外にも土地区画整理事務所や建設コンサルタント会社などへの就職もよくあることです。自分で事務所を設立して、独立改行してしまうことも可能です。転職先としては市役所などの担当部署への中途採用にも応募してみる価値があります。

年収について

土地区画整理士とは、土地区画整理法に基づいて、公園や住宅とオフィスビル、商業施設等の街の中の調和を図り、より機能的で暮らしやすい街づくりに欠かせない土地区画整理業に関わる国家資格です。
土地区画整理士になるには、まず規定の実務経験が必要です。
試験内容には、実際の実務を意識した問題が多く出題されるため、実務の中で得られる知識や経験を積極的に吸収する必要があります。
基本的にはこの資格が無いと出来ない仕事という訳ではありませんが、色々な場面で資格を所持しているというステータスが役立つので、不動産業の就職、転職に有利です。
収入は、国から公式に公表されているデータはありませんが、一般的には45歳前後で年収600万円ほどになります。

難易度と試験対策

土地区画整理士技術検定は、択一問題の学科試験と記述式問題の実地試験とがあります。試験日は例年9月に行なわれ、その合格率は学科は50%前後、実地は40%程度となっています。土地区画整理士の試験対策としては、学科試験については択一式の問題が出題されるため、過去問や問題集を数多く解いていくのが効果的です。実地試験では記述式であり、中には計算も必要とする問題もあるので素早く正確に計算を出来るように練習しておくことや、法的手続きの手段や用語の説明をする問題もあるので暗記が必要になります。どちらの問題も、試験対策としてはテキストを購入した上で数多くの問題を解いていくことが必要となり、過去問題集を利用すれば試験問題の傾向や特徴を捉えることができるでしょう。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

土木施工管理技士

土木施工管理技士とは、一般土木工事において工事の進捗や品質の維持を管理するための仕事をするために必要な資格で、一級と二級に分かれており取得までの実務経験年数や指定学校の卒業条件などにより区分されている国家資格です。

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターとは、室内の空間を、趣味やライフスタイルに合わせて住み良い空間を作っていく資格です。インテリアの知識だけではなく、建築の知識等も必要とされますので、幅広い知識と表現力が求められます。

インテリア設計士

インテリア設計士は、経済産業大臣の許可を得た「社団法人日本室内装備設計技術協会=日本インテリア設計士協会」が認定する資格です。当協会が行う「インテリア設計士資格検定試験」に合格し登録を行うことにより「インテリア設計士」の資格を取得することができます。

参考書籍

  • 土地区画整理士試験問題集