資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

コンクリート技士の基礎知識

コンクリート技士とは?

コンクリート技士とはコンクリートの技術者の一番の基本を学んで試験を受けて合格した人の事です。一番基本の資格取得ですが、コンクリート技術者にも段階があって、より上の資格を得るためにもまずは取っておくべき資格です。

仕事について

コンクリート技士の国家で資格をしっかりと試験を取得していると、建設にかかわっているデザイン事務所や印刷会社、総合ハウスメーカーなどで、主にコンクリート技士に関連した小公卿である設計技術者として専門性の高い仕事に従事することができるメリットがあります。特に建設現場や設計の事務業務においてトレースや設計の技術を活かすことができるでしょう。コンクリートの技士は設計士や製図家と連携して仕事をしたり、デザイナーなどがかいた設計図のデザインをラフスケッチや手描きの図面を調整するので、コンクリートの専門のプロフェッショナルとして多くの業界から注目される人気の資格になっています。コンクリートを扱う会社から重要視をされています。

年収について

収入アップを狙う際に必要となるのが、多種多様な資格です。その中でもコンクリート技士は特にオススメする資格の一つです。コンクリート技士の資格を取得した場合年収は500万円~700万円まで平均して上昇します。現在の仕事から転職する場合も、すでに建築業界で働いている方のキャリアアップにも、この資格は有用です。資格を取得した場合、実際にコンクリートを扱う仕事の責任者としての仕事が現場では求められます。より多くの仕事が回ってくるようになり、自身のスキル向上にも役立ちます。スキルやキャリア、そして収入を向上させることができるのが、この資格の大きな魅力です。取得の際には試験がありますので、きちんと技術を身につけていどみましょう。

難易度と試験対策

コンクリート技士の資格は民間の資格で受験資格は大学や高校で土木関係をやってなければ現場で3年以上、土木関係を学んで来た人であれば現場で2年以上の実務経験がないと取れない資格です。合格率は30%前後ですから講座を受けたり公式のテキストを学んでコンクリート技士のポイントを把握しておくと取得できます。試験問題は筆記試験で選択式の問題と丸罰式で解答していくものがあります。コンクリートの製造や施工管理など建築現場で監督や指導官などを行うため一般的なコンクリートに関しての知識をひととおり知っておく必要があります。実務経験のときに学びながら公式テキストを読むことで試験対策になりますから現場での体験をしっかり身につけておくようにします。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

1級建設機械施工技士

建設機械施工技士は、施工管理技士国家資格のうちの1つ。2級は昭和35年から、1級は昭和37年より資格制度が実施されていて施工管理試験の中では一番早くから行われている。国土交通省管轄。施工技士の区分は1級、2級であるので表記に注意する必要がある。(建築士は「一級建築士、二級建築士及び木造建築士をいう」と定義されており、数字ではない。) 国家試験は年1回実施される(実...

消防設備士

消防設備士とは、劇場、デパートなどに設置が義務づけられている、スプリンクラーや消火栓、火災報知器などの工事や整備を行うために必要な 国家資格です。一般財団法人 消防試験研究センターが資格の運営を行っています。

圧入施工技士

圧入施工技士とは無振動・無騒音・公害のない基礎工事が特徴の杭圧入引抜き機の技能を認定する資格です。 難易度はやや易しい。 就職は下水道工事業者など。環境を重視した杭圧入引抜き機を扱い質の高い基礎工事を行う圧入施工技士の需要は高く、需要が期待されています。 仕事内容は現場責任者として保全のための、指導・教育および工事現場においての施工管理・進捗管理を行います。

参考書籍

  • わかりやすい コンクリート技士 合格テキスト (国家・資格シリーズ 331)
  • コンクリート技士試験完全攻略問題集2013年版
  • これだけマスター コンクリート技士試験