資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

消防設備点検資格者の基礎知識

消防設備点検資格者とは?

消防設備点検資格者とは、消防法施行規則に定めがあり、消防用設備等の点検を行える資格です。消防設備点検資格者に関しては消防庁長官講習期間になっています財団法人日本消防安全センターが運営を行っております。

仕事について

消防設備点検資格者というものをご存じでしょうか。この資格にはいくつかのメリットが存在します。これを持っていると消防設備の点検報告ができるようになります。つまりこの資格があれば消防設備の点検を業者に依頼する必要がなくなり、自分で点検をすることができます。結果、業者に依頼する分の費用が削減できます。また、消防整備の仕事に就かなくても消防設備を販売する会社などに就職した場合にメリットがあります。商談を行う時に自分が消防設備に関する知識が豊富であれば、商談をスムーズに行うことができます。更に取引相手からの信頼を得ることができます。これらのように消防設備点検資格者をとることによって、多くの利点を得ることができます。

年収について

消防設備点検資格者が得られる収入をご存知でしょうか。消防設備点検資格といのは非常に取得率の低い資格でしてそれなりの収入が期待できる資格なのですが最近では消防設備点検資格を習得される方が増えていて取得率も年々上がってきています。なので消防設備点検の平均年収も若干減っているようです。しかしそれでもなかなかの額でところどころ場所によって大きく変わってきますがサラリーマンより少し多くもらえるくらいです。消防設備点検資格者なのでそれくらいもらってもおかしくはないと感じる方やそれ以上もらってもいいだろと思われる方もいるでしょう。しかしあくまでも入りたての額なのでキャリアを上げていけば年収600万以上になりますので安心してください。

難易度と試験対策

消防設備点検資格者は国家資格で試験はないため受講と修了試験を受けるだけで取れるため合格率90%以上です。講習を受けるだけとはいえ受講資格が厳しいため誰でもというわけにはいかないです。受講資格は甲乙種消防設備士の資格を持っている人や電気工事士や水道工事、建築士、技術士、電気主任技術者など多くの資格を対象としてますからその中のどれか1つを持っていれば受講できます。試験対策として受講内容に特種、1種、2種と分かれています。特種は法令や消防設備に関する問題。1種は消火設備の種類に関する問題、2種は電気関係の設備の問題が出ます。5年ごとの再講習が義務付けられてるため更新しなければならない資格のため受講したテキストはたまに見るようにしておくと良いです。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

屋外広告士

屋外広告士試験は、屋外広告物の製作・施工に関する総合令的な知識及び技術を有することを認定する資格制度で、屋外広告物法に定める「登録試験機関」である日広連が実施しています。有資格者は屋外広告業登録に必須の「業務主任者」になることができ、業の健全な発展に向けて活躍が期待されています。

1級建設機械施工技士

建設機械施工技士は、施工管理技士国家資格のうちの1つ。2級は昭和35年から、1級は昭和37年より資格制度が実施されていて施工管理試験の中では一番早くから行われている。国土交通省管轄。施工技士の区分は1級、2級であるので表記に注意する必要がある。(建築士は「一級建築士、二級建築士及び木造建築士をいう」と定義されており、数字ではない。) 国家試験は年1回実施される(実...

2級建設機械施工技士

2級建設機械施工技士は、トラクター系、ショベル系、モータ・グレーダ、締固め、舗装用、基礎工事用の6種別に分かれ、それぞれの機種の運転技術者、また一般建設業の現場の主任技術者として施工管理を行います。

参考書籍

  • はじめよう!1類消防設備士への挑戦
  • 図解 消防設備の基礎
  • 消防設備士 甲種/乙種第4類合格教本