資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

防火管理者の基礎知識

防火管理者とは?

防火管理者とは、多数の人が利用する建物の火災予防のために必要な業務を推進する責任者です。防火に関する講習会を修了した者に与えられる
国家資格です。ビルサービス会社、セキュリティサービス会社やビルの管理人の就職に有利な資格です。

仕事について

認知症高齢者が暮らす福祉施設のグループホームの防火管理者は甲種防火管理新規講習(講習日数2日間)という定められた講習を修了することで取得でき、施設の管理者や職員が兼務しています。その仕事内容は消防計画の作成と届出・消火、通報及び避難の訓練の実施・消防用設備等の点検及び整備・火気の使用又は取扱いに関する監督などがあります。計画の作成は災害の種類(火事、地震など)や発生場所(キッチンから出火など)を決めますが、さらに発生時間(夜間だとスタッフが少ない)や入居者の状況など設定は多岐に渡り、細かく計画することでより具体的な訓練を行うことが出来ます。グループホームで働きたいと思っていて、管理者やリーダーなどのキャリアアップを狙うならこの資格を持つことは大きなメリットになります。

年収について

防火管理者とは、町の火災を予防する管理者のことであり、消防士などの実際に現場に出て消火につとめる人々とは違い、それを管理する側の人のことです。これには資格を取得する必要があり、試験は難しいですが勉強を怠ることなくやっておけば合格することは誰でも可能であるため、チャレンジをしてみることはプラスになります。気になる防火管理者の収入についてですが、決して最高ランクとは言えないまでも年に700万から1000万円ほどもらえ、手堅く安定した収入を得ていくことが保障されており、人気の職業であると言えます。この給料は、安定した仕事をつづけ、委員会の信頼を勝ち得ていけば上がっていくため、根気強く努力していくことが必要です。

難易度と試験対策

防火管理者は、不特定多数が出入りする建物や商業施設など消防法において防火対象物として指定されてる建物の防火上の管理を行います。甲種と乙種の2種類があり、甲種は映画館、病院、特定養護老人ホームなど、大規模な建物や火災時において大きな被害になる恐れがある建物の管理者になります。乙種は、商業施設のテナントなど甲種以外の防火対象物の管理者です。防火管理者は、
甲種乙種ともに講習を受けることで取得できます。講習時において効果測定という試験のようなもが行われますが、不合格なることはまずありません。そのため、特に試験対策は不要です。講習会は市町村によって異なります。市報に講習会日程と申込案内が掲載されるところもあります。財団法人日本防火・防災協会でも講習を行っています。

関連資格

ゼネラル設備管理技士認定試験

ゼネラル設備管理技士認定試験rとは、建物、設備、防災防犯、環境衛生などの実務に精通し、建築物の維持管理運営にあたり、設計サイドに的確な助言を行う専門家であり、建築物の高層化、複雑化が進む中で重要な役割の担い手です。在宅での試験になります。

ビオトープ計画管理士

ビオトープ管理士とは地域の自然生態系を守り取り戻すビオトープ事業・自然再生事業を効果的に推進するために必要な、知識、技術、評価・応用能力を認定する資格です 難易度はやや難しい~普通。 合格率は1級約25%、2級約60%ほど。 この資格だけでは就職は難しい。地方自治体の業務入札資格としても認定されており、建設業、環境配慮型住宅メーカー、造園業、製造業、材料メーカー...

採石業務管理者

採石業務管理者とは、載積採取場などで現場において、岩石・砂利採取、災害防止、安全対策、災害時の対策・調査といった業務を担う、採石業務のスペシャリストです。 採石業を行うには、都道府県知事の登録を受ける必要がありますが、その際、事業所に採石業務管理者を置くことが義務付けられているため、常に一定の需要がある安定性の高い資格だと言え...

参考書籍

  • 甲種・乙種 防火管理者講習テキスト
  • 関係者・防火管理者のための防火管理責任の基礎―防火管理責任とは何か