資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

警備員指導教育責任者の基礎知識

警備員指導教育責任者とは?

警備員指導教育責任者とは、都道府県の公安委員会から資格者証を交付される国家資格です。講習を受講し、筆記試験に合格する必要があります。業務内容により1から4号の4種類があります。この資格を有していると、警備業務に従事する場合法定新任・現任教育が免除されるなどの利点があります。

仕事について

警備員指導教育責任者とは、警備業法に基づいて定められた国家資格です。最近5年以内に通算で3年以上警備業務に従事したことのある方が、資格取得の権利があります。公安委員会で行われている講習会を受講し修了したのち、筆記試験に合格した後、晴れて警備員指導教育責任者の資格を取得することができるのです。近年、どのような職場においてもリーダー的存在が求められています。それは警備業務に従事する方々においても同様です。この資格を持つと、
警備業の職種責任者として優遇されるというメリットがあります。責任者ですから、それ相応の責任はありますが、給料が通常勤務の方より高くなります。国家資格はそれだけ就職において優遇されています。

年収について

収入を増加させたい方は、警備員指導教育責任者を取得するという選択肢があります。警備員指導教育責任者は国家資格の一つであり、警備員の行う4つの業務別に資格が分かれています。それぞれ取得することで、
400万円の年収から600万円まで増加するなど、200万円ほどの収入の増加があります。取得の際には専門の講習と、実際に警備員として業務を行った経験が求められるなどのいくつかの条件がありますが、その分取得した時の魅力は大きいです。現在警備員として業務を行っている方も、他の職種に就いている方も、この資格のことを知っておきましょう。可能であれば資格を取得し、年収を増加させるのが、より安定した生活を送るうえでおすすめです。

難易度と試験対策

警備員指導教育責任者になるには、都道府県公安委員会から交付を受ける必要があります。ただし、"交付には条件があります。条件とは、「一定水準以上、警備業務に関しての専門的知識、能力を有すると認められる者」です。具体的には、「1.都道府県公安委員会が行う警備員指導教育責任者講習を受講し、終了考査に合格した者」または「2.公安委員会が1に掲げる者と同等以上の知識及び能力を有すると認める者」になります。さらに講習を受講するにはいくつかの条件がありますので、注意が必要です。試験は、最終日に行われ、合格には8割以上の正答が必要です。試験対策としては、講習の内容をしっかりと聞いておき、教本の内容をきちんと把握することが大切です。問題集などもネットで公開されていますので、何度も練習しておくと安心出来ます。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

ビオトープ施工管理士

自然や歴史、文化など、地域で受け継がれてきた貴重な財産を活かし、かつ国際的な動向を踏まえつつ、自然と伝統が共存した美しいまちづくり・くにづくりを実践する技術者、それが「ビオトープ管理士」です。 かずある自然系、環境系の資格や検定のなかでも「ビオトープ管理士」がユニークなのは、持てる力が高く評価され、すぐに役立つところです。 生きものや法制度に関する知識から...

火薬類保安責任者

火薬類保安責任者とは、火薬類の製造や取り扱いに関する国家資格になります。誰でも受ける事ができますが、免状の交付は18歳以上からになります。火薬を取り扱う仕事ですので、建築・土木関係、鉄工所、砕石会社等の、責任の重い立場の方がとられています。

管工事施工管理技士

管工事施工管理技士とは、国土交通省管轄の国家資格のうちの1つで、営業所や工事現場ごとに置かなければならない主任技術者や、管理技術者(1級のみ)です。 資格の保有者は社会保険労務士の受験資格が得られます。さらに、1級管工事施工管理技士の資格及び、2年の実務経験があれば、建築設備士試験を受験できます。

参考書籍

  • カーネルメディア新任警備員教育DVD基本編 Vol.1