資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

採石業務管理者の基礎知識

採石業務管理者とは?

採石業務管理者とは、載積採取場などで現場において、岩石・砂利採取、災害防止、安全対策、災害時の対策・調査といった業務を担う、採石業務のスペシャリストです。
採石業を行うには、都道府県知事の登録を受ける必要がありますが、その際、事業所に採石業務管理者を置くことが義務付けられているため、常に一定の需要がある安定性の高い資格だと言えるでしょう。

仕事について

採石業務管理者は、採石業務の管理を担うプロフェッショナルです。
採石は整備された採石場のみならず、山の中や川といった人の手のあまり入っていない自然の中からも岩石・石材を切り出すこととなります。そのため、人身災害の防止や安全性の確保は非常に大切な要素となります。そこで、採石業務管理者は以下のような業務を行います。

・岩石の採取に伴う災害対策と危険防止策計画と現場の事前調査
・企業・業者における自主的災害防止能力の確保
・作業現場の安全対策の立案と、採石作業に携わる人員への安全指導

採石業務管理者は、作業現場の災害を事前に防止しながら、採石作業を安全に進行させるために欠かせない存在です。
採石業者は、各事務所ごとに採石業務管理者を置く必要があるため、採石業務のスペシャリストとして、建築・土木業界や、採石・砂利採取業界での活躍が見込めます。

年収について

採石業務管理者の年収は、勤務先や実務経験の長さによって大きく異なります。
未経験者の場合は見習い・アシスタントとしての業務が主となるケースが多いため、年収も200万円前後が平均となっていますが、資格取得後10年以上の実務経験があり、さらに現場管理者としての役割を担う場合には、450万円~600万円の年収が見込めます。
採石業務管理者は、人命にかかわる非常に重い責任を負うこととなるため、企業や業者によっては基本給の他に、相応の資格手当を用意している場合もあります。

難易度と試験対策

採石業務管理者の国家試験合格率は、近年30%程度となっています。
資格試験が行われるのは、年に一度、毎年10月の第二金曜日となっています。
ただし、受験要項は各都道府県によって異なるため、事前に最寄りの県の採石担当課へ問い合わせを行うことを強くおすすめします。
受験資格は特に定められていないため、性別、年齢、学歴、経歴を問わず誰でも受験できる資格です。
試験科目は

1. 岩石採取に関する法令事項(環境保全関係法令事項を含む)
2. 岩石採取に関する技術的事項

となっており、すでに採石場で実務を行い、キャリアアップを図りたいとお考えの方に最適の資格となっています。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

ビオトープ施工管理士

自然や歴史、文化など、地域で受け継がれてきた貴重な財産を活かし、かつ国際的な動向を踏まえつつ、自然と伝統が共存した美しいまちづくり・くにづくりを実践する技術者、それが「ビオトープ管理士」です。 かずある自然系、環境系の資格や検定のなかでも「ビオトープ管理士」がユニークなのは、持てる力が高く評価され、すぐに役立つところです。 生きものや法制度に関する知識から...

ビオトープ計画管理士

ビオトープ管理士とは地域の自然生態系を守り取り戻すビオトープ事業・自然再生事業を効果的に推進するために必要な、知識、技術、評価・応用能力を認定する資格です 難易度はやや難しい~普通。 合格率は1級約25%、2級約60%ほど。 この資格だけでは就職は難しい。地方自治体の業務入札資格としても認定されており、建設業、環境配慮型住宅メーカー、造園業、製造業、材料メーカー...

主任技術者

主任技術者とは、建設業法の規定により一定額未満の元請工事現場や下請負に入る建設業者が現場に配置しなければならない技術者です。国家資格なので試験に合格して、実務経験が求められます。合格者は少ないので、いったん取得していれば職にあぶれることはありません。

参考書籍

  • 詳解・採石業務管理者試験問題集〈平成21年版〉
  • 採石業務管理者のためのQ&A―現場必携 法規編・技術編