資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

児童英検の基礎知識

児童英検とは?

児童英検とは、英語に親しみながら外国の文化への理解を深めるために1994年に開発されました。楽しいゲーム感覚で進んでいくのリスニングテストなので、英語に親しみながら楽しく学んでいくことができます。

仕事について

英語能力が重要視されている昨今、子供がまだ小さいうちから英語に慣れさせようと、英会話教室に通わせる親御さんは増えています。英検を受けるにはまだちょっと早いかな、というお子様でも受けることのできるのが児童英検です。3つのグレード(ブロンズ・シルバー・ゴールド)がありますが、合否判定は出さずに、何パーセントまで到達できています、というような評価が可愛いイラストとともに書かれています。「不合格」という経験をせずに済むので、子供にとっては精神的なショックがありません。これは大きなメリットです。次はここまで頑張ろうという意欲が湧いてきます。ブロンズで100%に達したので次はシルバーに挑戦しようかな、という具合に。

年収について

児童英検は英語を学び始めてまだ日の浅い子供たちが受ける試験です。マークシート方式の試験で合否判定はありません。代わりに到達レベルをパーセンテージで表示して、さらなる学習意欲を高めるものです。自信をつけてある程度、英語学習が進んだところで、いわゆる英検を受験していきます。直接収入につながるものではありませんが、徐々に上級の英検を受験し、合格していくことにより、自信がつきますし、高校入試、大学入試で有利になります。そしてさらに、TOEIC、TOEFLの受験にも役立ちます。今や大学入試や入社試験にも必須になっていく傾向にありますので、その時になって慌てたり、諦めたりすることのないように、早い段階で学習を始めるといいでしょう。

難易度と試験対策

児童英検はその名の通り児童が受験する英検です。英検なので、大抵の人は英語を習っているという前提があって受験するだろうと思います。またその場合は親も日々英語を聴かせる努力をしているだろうと仮定し、英語力以外の試験対策を述べます。児童英検を受験するのは児童なので、試験自体に慣れていない子がほとんどです。中には日本語の読み書きがまだ十分ではない子もいます。そのため、この試験を受ける際の試験対策としては、まず、出題内容と解答方法のパターンを知り、試験に慣れる事が大切です。そのためには、過去問を繰り返し解き、出題形式に慣れることです。また、試験の雰囲気に慣れる為に、家庭で過去問を行う場合にも、時々実際の試験時間・雰囲気を想定した練習を行ってみるのも効果的です。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

グレッグ公式英文速記検定試験

速記を必要とする職業は多くありますが、秘書はその代表格といえます。なかでも外資系企業などの外人付秘書にとっては絶対に必要な技能で、速記をとる機会は大変多くなります。外資系秘書をめざす、あるいは外資系企業や国際機関など、速記を必要とするフィールドは多く、世界を舞台に活躍したい人ならぜひチャレンジしたい資格試験です。アメリカ大使館のかつての基準は80W/分で、こ...

TOEIC Bridge(R)

TOEIC Bridgeは「TOEICへの架け橋」という意味を込めて、基礎的な英語コミュニケーション能力を評価するために開発された、世界共通のテスト。 TOEICテストよりも「やさしく」「日常的で身近な」「TOEICテストより時間が短い」ので、英語学習を始めたばかりの方にぴったりです。TOEICテストの事前準備にご活用ください。

International English Language Testing System

IELTS(アイエルツ:International English language testing system)は、世界最大級の受験者数を誇る英語運用能力評価試験です。留学・海外移住を実現させるため、年間170万人以上の受験者がIELTSを受験しています。

参考書籍

  • はじめての児童英検 ブロンズ対応版
  • 児童英検 全グレード対応ドリル
  • はじめて受ける児童英検スーパードリルブロンズ