資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

ABKタイ語検定試験の基礎知識

ABKタイ語検定試験とは?

実用タイ語検定試験は、特定非営利活動法人日本タイ語検定協会が実施する、日本語話者向けのタイ語の検定試験である。「タイ語検定」または「タイ検」と略される。タイ王国日本総領事館、タイ王国大阪総領事館から正式に推薦を受けています。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

日本語能力試験

日本語能力試験とは、民間団体と独立行政法人とが主催している日本語を母国語としない人に対する日本語の能力を認定する試験のことです。 試験のレベルは5段階に分かれており、基本的なレベルから様々な場面での日本語の知識を問われるレベルまで区分されています。

国際秘書検定

外資系企業などで秘書業務を行う人々のことを、国際秘書と呼びます。 刻一刻とグローバル化が進む現代社会において、需要が増しているこの職業ですが、就職には「国際秘書検定」の資格を持っていることが望ましいとされています。

ハングル能力検定

NPO法人ハングル能力検定協会がおこなっている民間の検定試験となり、日本語を母国語としている人の韓国・朝鮮語の能力をテストします。1~5級まであり、5級が初級、1級がもっとも難しくなり、面接試験として二次試験があります。 就職にも通用させたいというのであれば、2級以上、同時通訳者を希望するなら1級は取得しておくと良いでしょう。

参考書籍

  • 実用タイ語単語集―移動中でもCDで聞ける!
  • 実用タイ語検定試験過去問題と解答タイ検3級~5級 2011年秋季2012年春季
  • 実用タイ語検定試験過去問題と解答〈5〉