資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

中国語検定の基礎知識

中国語検定とは?

中国語検定とは、中国語検定協会が主催している中国語の読み書きの能力を測るための検定試験です。この中国語検定に合格することにより、中国語の会話能力が証明できるので中国人との取引がある会社への転職などで有利になります。

仕事について

中国語検定とは中国語の技能をはかる検定です。この検定を受験するメリットは、特に就職の際に現れます。現在、中国へ進出する企業が増えて、中国語の技能を必要とする企業が増えてきているのです。そこで、採用の際に中国語検定の資格を考慮する企業が多くあるのです。また、中国語を使用する人口は、世界の中で多くの割合を占めているので、海外の人とのコミュニケーションをとることにも役立つ中国語を、この検定を受けることをきっかけに勉強することにも意味があります。日本に住む中国人もとても多いので、街中で話しかけられたり、道を聞かれることもあるので、その際にも中国語の技能は役に立つのです。アルバイトの採用の際にもこの検定の結果が役立つことがあります。

年収について

現在中国との取引が多い企業は、中国語を理解し話せる人材を求めています。中国語が話せることで収入は上がるということです。中国語が得意かどうかというのは話せる、聞き取れる、書けるという三つのスキルから把握することができます。そういったスキルの一部を理解するために、中国語検定というのはとても役に立ちます。レベル別された中国語検定で、どれくらいの点数をとれるかどうかという結果で、わかりやすくその人の中国語力がわかります。中国語力が高ければ高いほどその人が企業で使える人材であると認められ、その人の収入は上がります。現在、そしてこれからも、中国とのつながりは続きます。より良い関係を築くため、こういった検定で判断していく企業はおおくなります。

難易度と試験対策

中国語検定は、一般財団法人中国語検定協会が主催している検定試験です。レベルは準4級、4級、3級、2級、準1級、1級の6段階に分かれていて、1級は年に1回、その他の級は年3回行われています。試験はリスニングと筆記試験の2種類に分かれています。試験が午前と午後に分かれている級は併願受験出来ます。試験対策は、どの級も過去問題のテキストをしっかりやることがベースとなります。特にテキストに付いているCDで、リスニングの練習はしっかりとやっておいた方がいいです。ヒヤリングのテストが前半にあるので、ヒヤリングが出来ないと、次の筆記試験にも影響を及ぼすからです。級が上になってくると、過去問題だけでは足りなくなってくるので、普段からTVやラジオの中国語会話を聞くことが必要です。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

通訳案内士

通訳案内士とは観光庁が実施する試験に合格して外国人観光客に外国語通訳や観光案内を行うことができる国家資格です。 通訳案内士は資格を取得したうえ、都道府県に登録することが必要で、資格試験に際しては国籍要件がないため、外国人の資格者も存在しています。

HSK漢語水平考試(旧)

「旧HSK」とは1~2級(基礎)、3~8級(初中級)、9~11級(高級)を受験し、点数により自身のレベルを判定するもので、結果が合否ではありません。 2011年10月以降、上海では旧HSKの試験は終了しています。 「新HSK」はヨーロッパにおいて能力評価時に共通の基準となるCEF(Common European Framework of Reference for Languages)と合致するよう設計されており、試験...

ロシア語検定

ロシア語検定とは、ロシア語能力検定委員会が主催する検定試験です。この試験に合格すれば、ロシア語の会話能力を客観的に証明できるので、ロシア語の会話が必要な会社に雇われたり、転職の際に強力な武器となってくれます。

参考書籍

  • 合格奪取! 中国語検定2級 トレーニングブック 筆記問題編
  • 中国語検定3級問題集 頻出単語集付
  • これで合格!中国語検定 準4級・4級完全マスター