資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

韓国語能力試験の基礎知識

韓国語能力試験とは?

韓国語能力試験とは、1997年から認定を開始した
大韓民国政府が唯一公認している韓国語を母国語としていない人に対しての試験です。初級・中級・高級の3種があり、試験結果によって1級から6級までの判定が行われます。

仕事について

韓国は日本にとってとても身近な国であり、将来的に付き合いの深くなっていく国です。
韓流が現在日本で大ブレークを起こしています。そんな中でうまく付き合っていくためには、やはり言語というものはとても重要です。相手の母語を話、理解できるというのは最低限のことだと思います。韓国語能力試験を受けるメリットとは、少しでも前向きに韓国語に取り組むことができるところにあります。英語などが重要視される中で、第三言語を選択する人はかなり難題です。でも試験などがあり、自分の実力が明らかになりやすければ、難題にも取り組みやすいものです。韓国語能力試験によって、たくさんの人が韓国語にふれあい、お隣さんである国と、将来的により深い中になっていけたらと思います。

年収について

数ある外国語の資格の中でもあまり知られていないのが、韓国語能力試験です。英語の資格などに比べると活躍する機会が少ないのではないかと誤解する方が多いのですが、韓国語能力試験を取得した場合の収入は、取得せずに他の職業に就いた場合よりも大きくなります。
翻訳家として仕事を行った場合
年収は300万円~600万円、目標として1000万円以上を狙うことも可能です。英語などのポピュラーなものに比べて韓国語は競争相手が比較的少なく、仕事が安定していることが魅力の一つです。試験はしっかり勉強しておけば、問題なく合格できるものなので安心してください。現在の収入に満足していない方、韓国語に興味がありこうした仕事に就きたい方には、ぜひ取っておいてもらいたい資格です。

難易度と試験対策

韓国語能力試験は、財団法人韓国教育財団が主催している韓国語の検定試験です。毎年4月と10月の年2回実施されていて、初級、中級、高級の3つのレベルに分かれています。さらに成績に応じて初級ならば、1級か2級、中級ならば3級か4級、高級ならば5級か6級に合格出来るというシステムです。問題の種類は、語彙・文法、書取り、聞き取り、読解の4種類です。試験対策は、どの級もだいたい同じですが、過去問題の問題集を購入してしっかりとやっておくのが基本となります。初級は問題集1冊をやるだけでも十分合格出来るレベルだと思います。中級からは、初級に比べ飛躍的に単語の数が増えてきますので、まずは単語をしっかり覚えることが必要です。ヒヤリングのスピードも早くなってきますので、普段から韓国語に慣れておく訓練が必要です。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

日本語能力試験

日本語能力試験とは、民間団体と独立行政法人とが主催している日本語を母国語としない人に対する日本語の能力を認定する試験のことです。 試験のレベルは5段階に分かれており、基本的なレベルから様々な場面での日本語の知識を問われるレベルまで区分されています。

国際秘書検定

外資系企業などで秘書業務を行う人々のことを、国際秘書と呼びます。 刻一刻とグローバル化が進む現代社会において、需要が増しているこの職業ですが、就職には「国際秘書検定」の資格を持っていることが望ましいとされています。

TEP TEST

TEP TESTとは、「早稲田大学 - ミシガン大学テクニカルライティング検定試験」のことで、早稲田・ミシガン大の学生でなくても受検することができます。 特に科学・技術分野における英語のリテラシーを評価する試験です。

参考書籍

  • CD付 合格できる韓国語能力試験 初級・中級
  • 韓国語能力試験レベル別完全攻略 中級編
  • TOPIK 韓国語能力試験 初級(1・2級)対策―語彙・文法・作文編