資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

ロシア語検定の基礎知識

ロシア語検定とは?

ロシア語検定とは、ロシア語能力検定委員会が主催する検定試験です。この試験に合格すれば、ロシア語の会話能力を客観的に証明できるので、ロシア語の会話が必要な会社に雇われたり、転職の際に強力な武器となってくれます。

仕事について

ロシア語検定のメリットとして将来的にロシアに移住する予定のある方や、旅行先でロシアに行こうと思っている方などロシア語を勉強する方の目的は様々ですが、やはり他の国と違ってロシア語は英語の知識を必要としていませんので、新しい言語として勉強して行く必要が出てきます。ロシア語検定の各級は4級から1級まであり、級ごとに試験問題も吹く座苦かされていきます。特に2級からは口頭作文が試験内容に出てきますので、試験の対策をしっかり練っておく必要が出てきます。2級の口頭作文のテーマは比較的身近なテーマで来る場合がありますが、1級の口頭作文のテーマは試験当日にならないとわからないようになっていますので、何事にも対応できる語学力が求められます。

年収について

ロシアという国は、日本の隣国であると同時に、経済発展が目覚ましい国として知られています。資源の面に関しても、天然ガスがありますのでこれからさらに裕福になる国となっています。経済発展を遂げている国ですので、これからもロシアでのビジネスチャンスが多くあります。その時には、ビジネスを円滑にするために、ロシア語を話せる方が必要になります。そこで活躍するのがロシア語検定です。ロシア語検定は、翻訳家としても活躍することが出来ますし、通訳としても活躍することが出来るようになります。収入に関しても、しっかりとロシア語をマスターすることが出来ていれば、年収は500万円~600万円ほど得られることになります。

難易度と試験対策

ロシア連邦教育科学省が認定するロシア語検定は、国家試験に分類されます。レベルは入門、基礎、第1、第2、第3、第4の6段階に分かれています。各レベルの試験内容は、文法・語彙、読解、聴解、作文、会話の5科目行われます。合格ラインは各科目それぞれが66%以上です。基準点に達しない科目が2科目以内ならば、2年以内に不合格科目だけを受験して、合格点に達することができれば認定されます。試験対策としては、ロシア語検定では過去の問題を公表していないので、見本のテストを手に入れるか、問題集を購入することが必要です。毎回出題形式が同じなので、問題の傾向をこれでつかんでおくといいです。さらに問題集に付いているCDやTVやラジオのロシア語講座などを聞いて、普段から耳慣れをしておく事が大切です。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

ドイツ語技能検定

ドイツ語技能検定試験(ドイツごぎのうけんていしけん、独:Diplom Deutsch in Japan)は、財団法人ドイツ語学文学振興会が実施する、日本語話者向けのドイツ語の検定試験。独検と略される。1992年から始まった。ドイツ語技能検定はドイツ語学文学振興会が実施するドイツ語の理解度を測る検定試験。 独検とも呼ばれています。 検定は1級から5級までの6つのランクに分けられ、1級...

ロシア語能力検定

ロシア語能力検定とは、日本で実施されている唯一ロシア語の習熟度の確認と学力証明に活用できる試験です。入試の際の外国語能力証明として認める法科大学院もあります。 就職はロシア語能力を身につけている人材は貴重なだけに、上位資格を取得すれば、幅広い分野での活躍できます。

韓国語能力試験

韓国語能力試験とは、1997年から認定を開始した 大韓民国政府が唯一公認している韓国語を母国語としていない人に対しての試験です。初級・中級・高級の3種があり、試験結果によって1級から6級までの判定が行われます。

参考書籍

  • ロシア語能力検定試験 合格への手引き―3級・4級対策問題集
  • ロゼッタストーン ロシア語 レベル1、2、3、4&5セット v4 TOTALe オンライン15か月版
  • 例文付き ロシア語能力検定試験によく出る基本単語