資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

通訳案内士の基礎知識

通訳案内士とは?

通訳案内士とは観光庁が実施する試験に合格して外国人観光客に外国語通訳や観光案内を行うことができる国家資格です。
通訳案内士は資格を取得したうえ、都道府県に登録することが必要で、資格試験に際しては国籍要件がないため、外国人の資格者も存在しています。

仕事について

通訳案内士と言うのは各国の言葉を理解して書いたり話したりできないとなることはできないのです。多くの人がこの通訳案内士をめざしているのですがとても狭き門なのです。この案内士になぜ多くの人が目指しているのかと言うと通訳をすることによって自分も話をしている人の間に入ってその内容を聞けると言った事柄や誰よりもいち早く上部の情報を入手できるといったメリットがあるからなのです。案内士は各国を飛び回っているので色々な国に旅行気分でいけるのも強みなのではないかと思います。ですが各国の言葉を理解して通訳をすると言ったことはとても難しく王族クラスの通訳になるととても失敗は許されないことになるので注意が必要となってくるのです。

年収について

通訳案内士は、日本国内で観光案内が出来る国家資格です。通常、資格を習得した案内士は、会社に所属するよりもフリーランスとして働くことが多い為、収入もまちまちです。大まかな収入としては、半日の観光案内ですと、約2万円、一日のガイドで3万円近くありますが、これはあくまで大体の数字であり、実際の給料は、その都度旅行会社や団体によっても変わってきます。また、給料に安定はなく、もちろん観光シーズンは多くの依頼がありますが、例えば台風などでクルーズや飛行機が遅れたりキャンセルされることもあり、仕事は常に臨機応変に対応していかなければいけません。また、地震などの自然災害の後は、二次災害を恐れるお客様が旅行のキャンセルをされる事もあります。

難易度と試験対策

日本国内において、報酬を貰い外国の方を観光案内するには、通訳案内士の資格が必要です。国家資格である為、試験の難易度はとても高く、現在国内では資格を持った案内士が足りていないのが現状です。試験は、一次の筆記試験(語学・日本の地理や歴史などの知識問題・マナー問題)が9月頃に実施され、それに受かると、二次の実技試験に進むことが出来ます。試験対策としては、カバーしなければならない知識がとても多いため、とにかく日頃から意識をして、本を読むなどの心がけが必要です。しかし、「実用英語検定1級を所持していれば語学試験は免除」という特別ルールもあります。日本で生まれ育った人でも解けない難問も多いため、「試験の形式が決まっていて対処しやすい」という理由から、英語検定1級の取得を目指す人も多いのが現状です。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

韓国語能力試験

韓国語能力試験とは、1997年から認定を開始した 大韓民国政府が唯一公認している韓国語を母国語としていない人に対しての試験です。初級・中級・高級の3種があり、試験結果によって1級から6級までの判定が行われます。

通訳技能検定

2008年11月の検定試験を試験日直前に中止し、同年12月下旬には全ての業務の停止と事務所の閉鎖を発表した。

TEP TEST

TEP TESTとは、「早稲田大学 - ミシガン大学テクニカルライティング検定試験」のことで、早稲田・ミシガン大の学生でなくても受検することができます。 特に科学・技術分野における英語のリテラシーを評価する試験です。

参考書籍

  • 通訳案内士試験(英語)合格対策&模擬問題
  • 通訳ガイド 地理・歴史・一般常識完全対策
  • 通訳ガイド 地理・歴史・一般常識過去問解説―平成24年度問題収録