資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

不動産鑑定士補の基礎知識

不動産鑑定士補とは?

不動産鑑定士となるに必要な専門的学識を有するかどうかを判定することを目的とし,民法,不動産に関する行政法規,経済学,会計学および不動産の鑑定評価に関する理論について行われる。第2次試験に合格して,かつ2年以上不動産鑑定評価に関する実務に従事した者は不動産鑑定士補となる資格を有する。第3次試験は不動産鑑定士となるのに必要な高等の専門的応用能力を判定する目的で,不動産の鑑定評価に関する実務について行い,不動産鑑定士補となる資格を得てから1年間実務修習を経てはじめて受験できる。

問い合わせ
国土交通省

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

ビル経営管理主任

不動産特定共同事業法の「業務管理者」の要件として位置づけられています。 また、総合不動産投資顧問業登録の人的要件に指定されていることから、金融商品取引法の「不動産関連特定投資運用業」登録の要件にもなっています。 不動産業の業務が多様化する中、「ビル経営管理士」の重要性はますます高まっています。  「不動産関連特定投資運用業」とは、一定の投資運用業のうち、...

土地家屋調査士

土地家屋調査士とは、土地家屋調査士法という法律を根拠とする国家資格です。調査士として他人から依頼されて不動産の表示などの仕事をするためには、資格を有する者が都道府県の調査士会に入会し、調査士名簿に登載される必要があります。

ビル経営管理士

「ビル経営管理士」は、日本ビルヂング経営センターが国土交通大臣登録証明事業として行っている公的資格であり、ビル経営に関する企画・立案から賃貸営業及び管理・運営に至るまで、プロパティマネジメントのエキスパートとして必要な知識と経験を有する者に与えられる資格です。 本資格は、不動産特定共同事業法の「業務管理者」の要件として位置づけられています。

参考書籍

  • 赤シート付 不動産鑑定士試験のための評価基準 暗記読本 補訂版
  • 例解・不動産鑑定評価書の読み方
  • コツコツできない人でも短期間でスイスイ受かる! 超快速勉強法