資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

弁理士の基礎知識

弁理士とは?

弁理士とは特許権や商標権などの工業所有権に関する業務を行うための国家資格を有する者のことです。

その担当する業務は、企業などの依頼に基づいて特許等にかかる出願書類を作成することや、その相談を受けること、特許庁との応答などとなっています。

仕事について

弁理士になれば、新しいものに最初に巡り合うことができるというメリットがあります。特許を与えて、その新しい製品や実験、キャラクターなど様々なものを守り通し、個人だけでなく自国も守ることができます。いわば弁理士になれば、昔誰もが憧れたような正義のヒーローになることができるのです。特許権は身近でありながら、実は一番無視されがちなものです。私たち多くは、特許権を無視されたがために、思ってもみないような大きな被害にあうことがあります。そういった被害に巻き込まれないように正義のヒーローとなって国民を自ら守ることができるのです。これは思っている以上に大きなメリットです。誰でもが簡単にできることではありません。

年収について

ハローワークで弁理士資格必須または歓迎の求人を調べたところ、基本給は月額15万円から50万円でした(平成25年6月現在)。これを年収に換算すると、180万円から600万円となります。

弁理士が取り扱う分野は工学全般なので、これらの技術知識が求められます。主な業務は、特許明細書作成、図面作成、中間処理対応(拒絶理由通知への対応)、訴訟対応です。

また、最近では海外に進出する企業も増えています。そのため、外国での知的財産権保護に対応できるように、外国の諸法令の知識や語学力があると有利です。

技術知識・外国の諸法令の知識・語学力を身につけて業務の幅を広げると、能力や経験が上がります。そうすれば収入上昇も期待できるでしょう。

難易度と試験対策

弁理士になるためには弁理士試験に通る必要がありますが、この資格は、数ある資格の中でも最難関に位置づけられるもので、その合格率はたくさんの受験生の中から10%程度です。受験資格は特に定められておらず、願書の手続きさえ済ませれば誰でも受験可能です。試験は短答式筆記試験、論述式筆記試験(必須科目、専門科目)、さらに口述試験があります。時期としては、5月から6月に筆記試験が有り、10月に口述試験があります。試験対策については、まず書店で試験用の参考書を買って勉強をすすめることです。また、可能であれば、予備校に通うことを強くおすすめします。予備校に通うことで周りの受験生と切磋琢磨しながら学習をする習慣が身につくからです。

問い合わせ
特許庁

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

人権擁護委員

人権擁護委員とは盲率の規定に基づいて各市町村に設けられている非常勤の職員で、法務大臣によって委嘱されるボランティアです。 その職務は人権擁護活動の助長、人権侵犯事件の救済のための調査及び情報収集、自由人権思想の啓もうなどです。

通関士

通関士とは輸出入事業者が通関に関する手続き等を他社に依頼した場合に、その引き受け先が当該手続等を行うのに必要な財務省が管轄している国家資格です。 通関士の資格を保有する者は通関業者や企業の通関部門で勤務し、各地の税関長の確認を受けます。

知的財産管理技能検定

知的財産管理技能検定とは、知的財産の管理運用業務に従事している方が受ける国家検定です。職業開発促進法に基づき、知的財産教育協会で実施しています。この検定に受かると知的財産管理技師の国家資格を取得することができます。

参考書籍

  • 弁理士試験への招待
  • 2013年版 弁理士試験 体系別短答過去問 特許法・実用新案法・意匠法・商標法
  • 増補・改訂版! 働きながら2年で!弁理士最短合格の時間術・勉強術