資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

知的財産管理技能士の基礎知識

知的財産管理技能士とは?

知的財産管理技能士とは、技能検定制度のなかのひとつであり、国家資格です。略称でIP技能士と呼ばれることもあります。一般社団法人知的財産教育協会の知的財産管理に関する学科及び実技試験に合格したものに与えられます。企業の法務部などで働くときに役に立ちます。

仕事について

知的財産は、会社や団体が取得した場合、その所属している会社の重要な会社財産になりますし、他社や他団体に侵害されれば、大きな損失になります。
逆に会社や団体が、他人の権利を侵害してしまった場合、賠償金の支払いや、事業の中止を求めて訴訟を起こされてしまうこともあります。
これらのトラブルを未然に防ぐために管理を行うのが、この知的財産管理技能士です。
この資格は知的財産に関する知識を有していることを国が認める国家資格です。
能力を認めることが主目的のため、独占業務などはありません。
この資格を取得するメリットは、就職や転職、キャリアアップに有利に働くと言うことや、企業、団体によっては資格手当がつくところもあります。

年収について

知的財産管理技能士の収入は、級によって変わるというよりも級によって仕事の職種が大きく違ってくるので、その差が収入の差につながります。3級程度は誰でも取得可能なので特許事務程度の職種となり、年収300万程度が大まかな目安です。これが2級になるとたいていは実務経験のある特許事務所の特許サーチャーになりますので、年収でいうと400万から600万というところです。しかし1級となると、かなりの実務経験を積んでいなければそもそも取得できないようになっているので、メーカーの知財部に在籍しているとして年収は業界にもよりますが600万円~900万円程度になります。無論、これは経験に応じて専門分野の技術知識も相応に備わっている前提です。

難易度と試験対策

知的財産管理技能士の試験は学科試験と実技試験があり、階級は3級、2級、1級があります。試験を受ける方はまず受験申請をおこない、届いた受験票を持って指定された試験会場で受験し合格したら合格証書が郵送されてきて資格取得となります。試験は年3回実施しており、合格率は3級は70%、2級は40%、1級は5%前後となっています。試験対策としては階級ごとに販売されているテキストや過去の試験問題を繰り返し行うことで十分に対策することができます。勉強の仕方がわからない方や時間のない方のために通信教育や資格の学校でも対策することが可能です。ただし1級と2級は受験資格制限があるため知的財産に関する知識がない方や関連業務に就いていない方は3級から受験する必要があります

問い合わせ
知的財産教育協会

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

ビジネス実務法務検定試験

法務部門に限らず営業、販売、総務、人事などあらゆる職種で必要とされる法律知識が習得できます。ビジ法を習得することは「仕事の質を高める」ということに繋がります。管理職には、部下のリスク管理に効果的です。また、人事異動や、担当業務が変わってもスムーズに新しい仕事を処理する幅広い応用能力が身につけられます。

保護司

保護司とは犯罪を犯した者の更正を助ける仕事であり、全国に約5万人の方がいます。法務大臣により委嘱を受けた非常勤の一般職国家公務員であり資格については保護観察所における保護司選考会で認定を受ける必要があります。人と接する仕事なので介護や医療などの仕事に従事した際に資格と経験を活かすことができます。

弁護士

弁護士とはなにかについてはまず弁護士とは当事者や関係者の依頼や官公署の委嘱によって訴訟事件、異議申し立て、再審査請求などの法律事務を生業とする者の事を指します。司法試験に合格して司法修習を終えた者だけがなる事が出来る職業です。

参考書籍

  • 一発合格!知的財産管理技能検定3級テキスト&問題集
  • 改訂2版 知的財産管理技能検定2級・3級完全合格テキスト&問題集
  • らくらく解ける 知的財産管理技能検定2級 学科&実技 重要問題集 (LICENCE BOOKS)