資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

行政書士の基礎知識

行政書士とは?

行政書士とは、権利義務、事実証明等の書類作成、官公署(国、都道府県、警察署、その他行政機関)などに提出する書類の作成業務及び相談業務などを行うための資格です。街の法律家として、市民にとって、一番身近で何でも気軽に相談でき、行政向け書類の作成や手続きにおいて法律の専門家として力になることができる資格です。

仕事について

行政書士とは、法に基づき、省庁、都道府県、市町村、警察署、保健所その他の行政機関等の官公署に提出する書類及び権利義務、事実証明に関する書類の作成、提出の代理、作成に伴う相談に応ずることなどをおこなう、隣接法律専門職です。
具体的には、建設業の許可申請や、キャバクラ等を営業したい方の為の風俗営業許可申請、朝まで営業する居酒屋を営業したい方の為に深夜酒類提供飲食店営業許可、古物商許可、宅建業許可、遺言書作成、遺産分割協議書作成、内容証明郵便作成等々多岐に亘ります。
行政書士試験に合格するか、弁護士、弁理士、公認会計士、税理士の資格があるか、20年以上公務員として行政事務に相当する事務に従事するかのいずれかによって資格を取得することができます。大きなメリットとしては、試験によって資格取得を目指す際の受験資格に制限がないことです。とはいえ、実際に就業する際の制限はあるのですが、取扱業務が幅広く、自分の能力次第でいくらでも仕事を大きくしていくことができるので、独立開業にはぴったりの資格と言えます。

年収について

行政書士の収入は平均年収約500万円~600万円程度となっています。開業している方の中には1000万円を超えている方もおり、業務範囲を広げて仕事をしている方は収入が高い傾向にあります。1000万円を超えている方は全体の約10%存在しており、高い確率で高い給料が見込める職業であると言えます。行政書士に必要なスキルはコミュニケーションスキル、課題発見力、問題解決能力、営業力です。中でも開業している方は自身で仕事を見つけてこなければならないためコミュニケーションスキルと営業力が給料の決め手になると言っても過言ではありません。そのため上記のスキルを身につける努力をして営業活動を地道に行うことが給料の増加に繋がります。
最近は、行政書士法人も増え、さらに地域貢献するとともに、売上を上げている行政書士が増えています。

難易度と試験対策

行政書士の資格を取るのはとても難しい試験です。法律系資格の登竜門として沢山の方が受験しています。
様々な勉強方法がありますが、過去問で問われている箇所を確実にし、さらに近年の試験対策をする事がとても大切です。
試験勉強は学校に行って学ぶ人もいれば、通信教育で勉強している人もいます。
ただ近年の難化傾向を見ると、専門の資格スクール等を利用する事がポイントを絞れて、合格への近道だと思います。
時間がある人には学校へ行けるでしょうが、働いている人などには平日は学校へ行くことは大変です。そんな人には自分の空いている時間に通信教育で勉強することが一番楽なものです。もちろん学校へ行けば、生の講義を聴いて、分からないことをすぐにきくことができ、そして試験対策もしっかりと教えてもらえます。でも授業料は通信教育よりは高くなります。通信教育は分からないことはきくことができますが、すぐに答えが出るわけではありません。でも授業料は安くなります。そのときの状況により勉強方法を選ぶことが長続きできる方法です。

山田行政書士
【監修】山田行政書士事務所 
東京都行政書士会 所属
行政書士 登録番号第:04081668号
住所: 東京都足立区本木南町3-15
最寄り駅: 北千住駅 ・ 西新井駅
電話: 03-3889-1067

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

人権擁護委員

人権擁護委員とは盲率の規定に基づいて各市町村に設けられている非常勤の職員で、法務大臣によって委嘱されるボランティアです。 その職務は人権擁護活動の助長、人権侵犯事件の救済のための調査及び情報収集、自由人権思想の啓もうなどです。

知的財産管理技能検定

知的財産管理技能検定とは、知的財産の管理運用業務に従事している方が受ける国家検定です。職業開発促進法に基づき、知的財産教育協会で実施しています。この検定に受かると知的財産管理技師の国家資格を取得することができます。

ビジネス著作権検定試験

ビジネス実務、日常生活においてますます必要とされる著作権に関する知識および関連する知識について、その基礎的な理解、具体的な裁判例・ビジネス実務における慣例を基準とする事例判断での応用力をそれぞれ測定します。

参考書籍

  • 独学で確実に突破する! 「行政書士試験」勉強法 (DOBOOKS)
  • 2013年版出る順行政書士合格基本書 (出る順行政書士シリーズ)
  • うかる!  行政書士 総合テキスト 2013年度版