資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

管理業務主任者の基礎知識

管理業務主任者とは?

管理業務主任者とは法律の制定に伴って設けられたマンションの委託契約や管理事務の報告などに関する国家資格です。

管理業務主任者は、マンション管理を業務とする事業者にその設置が義務付けられている資格者です。

仕事について

社会人として必要なこととして、コミュニケーション能力がよく言われています。しかし、それ以上に重要であることは、コミュニケーション能力と関係して、行動力とそれに伴う責任力です。言い換えると、実際に言葉として伝えるだけでなく、それを行動に移すことであり、その行動に責任を持つ責任感が重要であるということです。しかし、その力を養うためには、仕事として実際に行うことが必要となってきます。つまり、自らが行動へ移すことが責任感を生むことに繋がるということです。そのため、責任感を自らで身につけるには、管理業務主任者になることが最大のメリットとなります。自らの手で実行をし、その業務の主任として責任をもって仕事を果たすことこそがメリットとなるためです。

年収について

管理業務主任者という資格はあまり耳にしないのではないのでしょうか。まず、資格の説明をしたいと思います。管理業務主任者とはマンション管理のマネジメントを全て行える人のことです。具体的には、委託業務についての重要事項の説明や、管理業務の報告などがあります。事務所ごとに国土交通省令で定められている人数を置くことが義務付けられています。次に収入についてですが、感覚的には普通のサラリーマンの年収と考えてよいです。平均年収としては410万円程度といわれています。しかしあくまでも平均なので、会社により差はもちろんあります。マンションを建て、維持していく中で必ず必要な人材となっています。なので安定性があります。

難易度と試験対策

管理業務主任者は、国家試験に位置付けられていています。試験は毎年11月に行われ、1年に1回の試験のなっています。この試験自体はまだ浅い試験になるため、宅地建物取引主任者やマンション管理士などと比べると合格率が高め、難易度も易しめに設定されています。試験問題は四肢択一であり、一つ一つの問題自体は難しくなく、広く浅く出ているため、内容自体を理解するというより単純暗記だけで合格することが可能です。ただ、暗記する量が多いため単純暗記は大変かと思います。試験対策としては、論理的な暗記プラスαで単純暗記を行い、とにかく過去の問題を繰り返し繰り返しやることが合格するためのキーポイントになってきます。1年に1回の試験ですので確実に合格するよう勉強時間を確保し、しっかり勉強しましょう。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

海事補佐人

海事補佐人は、海事関連の法律専門家兼船舶操船技術の専門家である。 一級海技士(航海,機関,通信,電子通信のいずれか)の免許を受けた者、審判官又は理事官の職にあった者、弁護士の資格がある者、大学の船舶の運航もしくは船舶用機関の運転に関する学科の教授(もしくは3年以上准教授)又は独立行政法人海技教育機構,独立行政法人航海訓練所その他国土交通省令で定める教育...

海事代理士

海事代理士とは法律の規定に基づき、他者の依頼を受けて船舶の登記や検査の申請、船員に関する労務などに関する行政機関への手続き等を行うもののことです。 海事代理士となるには試験に合格するほか、行政機関において10年以上の海事に関する事務に従事していることが必要です。

参考書籍

  • 管理業務主任者 基本テキスト 2013年度
  • 平成25年版楽学管理業務主任者 基本書 (楽学シリーズ)
  • 管理業務主任者 項目別過去7年本試験問題集 2013年度