資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

ベビーシッターの基礎知識

ベビーシッターとは?

全国保育サービス協会による認定ベビーシッターとは、協会主催の資格試験に合格している者を指し、ベビーシッターとして必要な職業倫理と専門知識と技術を有し、さらにそれに基づく実務経験のある者のことをいいます。

仕事について

一般的にベビーシッターとして働くには、特に資格は必要ありませんが、ベビーシッターを派遣する会社に登録する場合には、やはり保育士や幼稚園教諭などの資格を保持する人が採用されやすいのは事実です。そこで、ベビーシッターとしての認定資格を所有していれば、ベビーシッターとしての知識と経験をアピールすることができ、保育士や幼稚園教諭などの資格と同じように職に就く際に有利に働くことでしょう。ベビーシッターとしての働き方は多種多様です。ベビーシッターの派遣会社に登録して働く以外にも、保育所・ベビールームへの就職や、保育ママとして自宅での託児、保育施設などを開業するなどの方法があります。もちろん、デパートや映画館、ホテル、イベント会場などで働く際の補助資格としても有効です。

年収について

ベビーシッターとして働く場合、どれくらいの給与が見込めるのでしょうか。もちろん就職先によって異なってきますが、一般的に派遣会社では時給1,000~2,000円というのが相場になるようです。早朝、夜間などの時間帯や、子どもの人数が多くなった場合、沐浴をする場合、家事も併せて任された場合、子どもが障害児である場合などは、割増料金が発生することもあります。また、ベビーシッターの将来性は、今のところ明るいといえそうです。なぜなら、子どもができても仕事を続けたいという女性がますます増えており、ベビーシッターの需要は当面減ることはないと予想されるからです。ただし、需要が増すにつれてその質の高さも求められることから、認定ベビーシッターの資格でアピールすることはますます有効になってくるでしょう。

難易度と試験対策

認定ベビーシッターの資格の取得方法には次の2通りの方法があります。一つは、全国保育サービス協会が実施する2つの研修会を受講し、認定試験に合格して取得するという方法です。もう一つは、認定ベビーシッター資格取得指定校に入学し、保育士資格取得のための指定科目の他「在宅保育」に関する科目を履修し、単位を取得して卒業後取得するという方法です。社会人が認定ベビーシッターの資格を取得する場合には、前者の認定試験を受ける方法になるでしょう。試験対策としては、全国保育サービス協会が出版している過去問題集をこなすことが基本ですが、他にも通学スクールや通信講座などを利用することもできます。自分の実務経験の度合いや就業状況に合わせて試験対策を選ぶことになります。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

理学療法士

理学療法士は、厚生労働大臣から免許を受ける国家資格で、医師の指導の下に理学療法を行うことのできる資格です。作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士と並ぶ、いわゆるリハビリテーション専門職の資格のうちの一つです。

言語聴覚士

言語聴覚士は、言語障害や音声障害、嚥下障害のある患者に対して、社会復帰の手伝いをし、スムーズに日常生活を送ることができるように支援する役割を担うことのできる国家資格です。ことばによるコミュニケーションを支える専門家です。

診療情報管理士

診療情報管理士とは国家資格ではなく民間資格です。医療機関の物の管理、情報の管理および情報の活用が主な仕事となります。医療事務や医療秘書の求人でも診療情報管理士の資格が応募条件となっているケースがありますので就職に有利な資格です。現在、日本診療情報管理学会の正会員は約5700名おります。