資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

ガイドヘルパーの基礎知識

ガイドヘルパーとは?

ガイドヘルパーとは、障害者の外出支援をする人です。「移動介護従事者」とも呼ばれます。ホームヘルパー2級の資格を持っている人でも出来ない事があるのです。視覚障害者、全身障害者の外出援助には必要な資格です。

仕事について

ガイドヘルパーの資格を取ると、視覚障害者、全身障害者の移動を介助できるようになります。ホームヘルパーの資格だけでは知的障害者までしか介助が出来ず、不十分だったこともできるようになるのが最大のメリットです。ですから、同時に両方の資格を取得することで、介助ヘルパーの活躍の場はますます広がっていきます。介助の必要性のある方たちの生活の楽しみを手助けしてあげられるお仕事です。なぜかというと、外出の介助が全般に出来ると、旅行、コンサート、買い物などいろんな楽しみが行えるようになるからです。研修をプラス2日間ほど受けて資格を取ることができるので、男女とも皆に必要とされオールマイティなヘルパーを目指すならとてもメリットになります。

年収について

ガイドヘルパーはいったいどれくらいの収入を得ることでしょうか、気になるところです。その実際は、仕事の割には高収入とは言えないのが実情です。パートタイマーにしても、時給に換算すると、看護婦ほど高くはないです。サービス業よりは2割増しといったところです。そして、ホームヘルパーと比べるとガイドヘルパーのみの求人自体余り多くないので、そこから考えなければなりません。しかし、
ホームヘルパーとプラスで持っていると
、それはまた話が違ってきます。求人もかなり増えてきます。Wで持っていると、視覚障害者は、ホームヘルパーでは外出介助出来ないので、両方持っているとそれは、鬼に金棒です。ニーズが求められたら、おのずと、給与もアップにつながります

難易度と試験対策

ガイドヘルパーは、視覚障害者、全身性障害者、知的障害者の外出介助をおこないます。訪問介護員の場合は、知的障害者の外出介助のみしかおこなえれません。そのために、取得するために養成研修を受講しないといけません。受講資格はホームヘルパー2級以上の資格取得者で16時間から20時間必要です。受講することで資格を取得することができます。費用は実施機関によって異なりますが、2万円から3万円程度です。試験対策としては、講習で受けたことを確実におぼえておくことです。ホームヘルパー2級を取得し、ガイドヘルパーも取得することで就職幅もひろがります。最近では、養成校も開校されていますので、資格取得を目指されている人は養成校へ通われている人もいます。

関連資格

リトミック指導員

リトミック指導員は、幼児のための心身の調和感・秩序感・協調性・情操教育・音楽導入教育を行う指導者として、全国各地のカルチャーセンターや公共機関の教室などで、こども達の指導にあたります。 リトミック指導員の資格は、国立音楽院のリトミック本科(2年制)か、指導科(1年制)で学びます。現場実習(40回以上)を重ね、カリキュラム修了後に指導員資格の認定を受けます。

訪問介護員

訪問介護員は、通称ホームヘルパーと呼ばれており、介護保険法の下に訪問介護のサービスを行う者のことをいいます。厚生労働省が認定した講習事業者が行う、介護員養成研修を修了することによって資格を得ることができます。

臨床心理士

臨床心理士は、文部科学省認可の財団法人 日本臨床心理士資格認定協会が認定する民間資格です。活躍の場によっては、学校臨床心理士、病院臨床心理士、産業臨床心理士などとも呼ばれます。精神科と異なり、投薬を行わず、心理学的なアプローチでカウンセリングを行うのが特徴です。

参考書籍

  • ガイドヘルパー研修テキスト 視覚障害編
  • ガイドヘルパー研修テキスト 全身性障害編
  • ガイドヘルパー養成研修テキスト―全身性障害者移動介護従業者養成研修課程