資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

助産師の基礎知識

助産師とは?

助産師は、厚生労働大臣から免許を受ける国家資格で、助産と、女性の妊娠から出産・育児といった母子の健康を守る活動を行います。分娩時には医師の指示などは必要なく、自らの判断で助産行為を行うことができます。新しい生命を産む現場でリードする、強い精神力と体力が求められる仕事です。

仕事について

助産師の資格を取得すれば、正常分娩の助産や、妊婦・新生児のケア、妊婦診断、保健指導、乳幼児の健康診査などの仕事を行うことができます。この保健指導には、育児相談だけでなく、性教育や思春期相談、月経、不妊相談、更年期相談なども含まれます。出産後も、家庭訪問などをして保健指導・育児指導を行ったり、乳幼児の健康診査なども行ったりします。このように、助産師は助産だけでなく、妊婦や母子を中心に、女性の人生について幅広くサポートする役割であることが分かります。その活躍の場は、病院の産科病棟や産婦人科の診療所、保健所、各家庭、各市町村の母子保健センターなどです。ちなみに助産師は、日本では女性のみに開かれた資格となっています。

年収について

助産師は、一般的におよそ530万円ほどの年収を得ているといわれています。これは平均額なので、勤務先や経験年数によって異なってきます。病院や助産施設に就職するという働き方の他にも、独立開業するという方法もあります。独立開業が成功すれば、高収入も見込めるといわれていますが、現状独立している助産師はほんの一握りだそうです。将来性を考えると、少子化が進行して久しい現状の日本社会においては、活躍の場は今後ますます減ってきてしまう懸念があります。現に、多くの産科や助産院の閉鎖が続いているようです。とはいえ、学校における性教育指導などの保健指導を担う役割は決して減ることはないでしょう。今後は、女性の長い人生をトータルでサポートする、新しい助産師としての役割が期待される可能性もあります。

難易度と試験対策

助産師の免許を得るには、助産師国家試験に合格する必要があります。受験資格は、文部科学大臣の指定した学校で1年以上助産に関する学科を修めるか、指定の助産師養成所を卒業することなどが主な受験資格となります。助産師の国家試験は、基礎助産学、助産診断・技術学、地域母子保健及び助産管理の科目が問われ、学校での勉強をしっかり行っていれば、95%前後という合格率が示すとおり、問題なく合格できるでしょう。国家試験対策としては、過去問や予想問題を解き、弱点を発見し今後の対策を立てるという方法が効率的だといわれています。模擬試験を行っている会社もあり、受験すれば全国平均との比較データも出てくるので、受験勉強に役立てることができます。

問い合わせ
厚生労働省

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

音楽療法士

音楽療法士は、音楽の持つ生理的、心理的、社会的働きを用いることによって、心身の障害の回復や機能の維持・改善、生活の質の向上、行動の変容などを目的に、音楽を意図的、計画的に使用する音楽療法の専門家を認定する資格です。

移動介護従業者

移動介護従業者は、各地の都道府県知事の行う研修を修了した者。通称、ガイドヘルパー、外出介護員と呼ばれている。2003年の支援費制度により現在の名前に変更された。2006年4月の障害者自立支援法施行に伴い「外出介護従業者」に名称が変更されたが、2006年9月30日をもって「外出介護」サービスの大部分の業務が市町村の地域生活支援事業の中の移動支援事業に移行し、その他の業務が...

リトミック幼児指導員

幼児リトミックは、4才以下の子供達を対象とし、歌やピアノの伴奏、ゴムボールやフープ等の道具を使って、リズム感や感受性、表現力、集中力、自主性、協調性をのばす教育です。 リトミック幼児指導員は、音楽に合わせて、ボールやフープを使って体を動かしたり、絵を描いたりするなど、幼児の情操教育の1つとして知られるリトミックを指導します。 リトミック指導員資格は、音楽を...

参考書籍

  • 看護系大学編入学保健師助産師学校入試問題集
  • 保健師・助産師・養護教諭になるには (なるにはBOOKS)
  • 出題基準別 助産師国家試験重要問題集〈2013年〉―第96回助産師国試対策ブック (-)