資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

臨床心理士の基礎知識

臨床心理士とは?

臨床心理士は、文部科学省認可の財団法人 日本臨床心理士資格認定協会が認定する民間資格です。活躍の場によっては、学校臨床心理士、病院臨床心理士、産業臨床心理士などとも呼ばれます。精神科と異なり、投薬を行わず、心理学的なアプローチでカウンセリングを行うのが特徴です。

仕事について

臨床心理士は、病院の心療内科や精神科などの医療施設や、家庭裁判所や児童相談所、少年院などの司法施設、学校や教育センターなどの教育施設、老人福祉施設や障害児福祉施設などの福祉施設、企業内の相談室や公立職業安定所などの労働産業分野など、とても広範囲に渡る職場で活躍しています。その診療の特徴は、投薬を行わず、心理学的な方法を用いて行うところにあります。それゆえ、カウンセラーやセラピストとも呼ばれることもあります。ストレスが多い現代社会において、心の問題が元で、身体の異常や生活上の問題などを引き起こしている人がたくさんいます。その人たちと1対1でじっくりと向き合い、カウンセリングを行い、解決をはかっていくのが主な業務内容です。

年収について

臨床心理士の平均年収は、300万~500万円の間であることが予想されます。しかし、一口に臨床心理士といっても、病院、学校、企業など、その就業先や働き方はかなり差があるので、年収が200万円の場合もあれば、1,000万円の場合もあるようです。現状、臨床心理士に対する社会的要請は高まっており、決して将来性は悪くないようです。しかし、臨床心理士がその社会的なニーズに応えられるかどうかが問題視されている現状があります。制度や社会環境の改善点もありますが、個々の臨床心理士がさらに能力を向上させ、いかにニーズに応えていくかが、臨床心理士の将来性に影響してくるといわれています。臨床心理士の数が増えていく中で、いかに勝ち残っていくかのポイントはここにありそうです。

難易度と試験対策

臨床心理士の資格を取得するためには、大学卒業後、日本臨床心理士資格認定協会が指定する大学院に進学し、資格審査に合格することが必要です。試験は一次試験と二次試験に分かれており、一次試験はマークシート形式と小論文試験からなる筆記試験で、二次試験は面接試験です。一次試験の合格者のみが二次試験を受験することができるので、まずは筆記試験対策を十分に行う必要があるでしょう。合格率は全体的には60%台前半ですが、大学院によっては、ほぼ100%というところもあるようです。また、大学院によっては、国家試験の試験対策が行われないところもあるので、いかに独学で対策を行うかがポイントです。ただし、合格体験者によれば、3割は大学院試の勉強、2割は大学院在学中の勉強で充分対応できるとされ、残りの5割は実際の仕事の中で必要に応じて勉強したり、過去問を一通り解いたりして勉強すれば十分合格できるといわれています。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

視能訓練士

視能訓練士とは、眼科で医師の指示のもとに視能検査を行うことのできる国家資格で、資格取得者は医療技術者として活躍しています。眼科で視能検査を行う以外にも、斜視や弱視の訓練治療にも携わる人もおり、活躍の場は多岐に渡ります。

理学療法士

理学療法士は、厚生労働大臣から免許を受ける国家資格で、医師の指導の下に理学療法を行うことのできる資格です。作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士と並ぶ、いわゆるリハビリテーション専門職の資格のうちの一つです。

ボランティア実務士

ボランティア実務士は、ボランティア活動の現状・動向や社会的意義について理解するとともに、活動計画、相談対応、手話やボディアクションによるコミュニケーションのしかたなどを習得し、災害時を含めたさまざまな現場で、スムーズかつフレキシブルに動ける人をいいます。 ボランティアに関する基本知識・専門知識を幅広く学び、それに必要とされる技術と実務能力を養成すること...

参考書籍

  • 新・臨床心理士になるために[平成25年版]
  • 新・臨床心理士になるために[平成24年版]
  • 臨床心理士資格試験問題集2  平成19年~平成22年