資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

精神保健福祉士の基礎知識

精神保健福祉士とは?

精神保健福祉士は、通称三福祉士と呼ばれる、社会福祉士、介護福祉士と並ぶ福祉の国家資格です。精神障害者の保健、福祉分野に特化して、相談・援助を行います。社会福祉士の資格との関連が強いことも特徴として挙げられます。

仕事について

精神保健福祉士の資格を取得すると、精神科病院の相談室、心療内科、精神障害者の福祉サービス事務所の他、保健所、精神保健福祉センターなどの行政機関で働くことになります。主な仕事内容は、統合失調症やそう鬱病などの精神障害者や、アルコール依存症者、不登校者、摂食障害者、DV、依存症、認知症などに悩まされている人などがきちんと社会復帰し、社会生活に適応していけるよう訓練を行ったり、再就職についての助言・指導をしたりすることです。それだけではありません。精神障害者を抱える家族に対しても、助言やサポートなどを行うこともあります。いずれも、精神に障害を抱えている方を対象としている仕事であることから、精神的にタフであることが求められる職業といえるでしょう。

年収について

精神保健福祉士の収入として、20代、30代で250万~300万円程度、40代、50代で350万~450万円程度が推定されるといわれています。この例では、どちらも資格手当が含まれています。精神保健福祉士の資格を取得すれば、優遇されることが多く、生涯に渡って資格を役立てて働くことができるでしょう。また、最近では精神に障害が認められている人々だけでなく、国民全体のメンタルヘルスを課題として活動する精神保健福祉士が期待されているようです。当面、このニーズの高さから、学校を卒業後の就職には困らないでしょう。将来性が不安という場合には、社会福祉士の資格と併せて取得しておくことで、より万全になるといえるでしょう。

難易度と試験対策

精神保健福祉士になるには、厚生労働省指定の養成施設を卒業し、国家試験に合格する必要があります。国家試験の合格率は60%前後で、少々難易度が高い資格であるといえるでしょう。もし社会福祉士の資格をすでに持っているなら共通科目8科目が免除されます。精神保健福祉士と社会福祉士のダブル受験も可能です。試験対策としては、大学や養成施設の講義でベースの知識を構築しておくのはもちろんのこと、基礎知識がある上で、問題集を解いて、自分の苦手な箇所を洗い出してから、テキストを用いて強化するという方法が効果的であるようです。ポイントは、独学だけに頼らずに、講義や複数の参考書などを利用して、視野が狭くならないようにすることにあるといわれています。地道な努力で確実に合格へと近づける試験です。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

赤十字救急法救急員

赤十字救急法救急員は、日本赤十字社が認定する民間資格で、怪我人や急病人に対する応急・救命手当の赤十字救急法を身につけた救急員のことを指します。資格は、日本赤十字社が主催する講習を受講することで取得できます。

ほぐし療法士

ほぐし療法士とは、日本人の体型や好みに対応して、新しいカイロプラクティックの技術を習得している専門家を認定する資格です。 村上整体専門医学院の村上理事長が考案した技術で、この技術を修得した者を認定する資格をほぐし療法士といいます。 ベーシック、マスター、インストラクターの3段階にレベルが分かれています。  ほぐし療法士になるには、村上整体専門医学院か、系列...

助産師

助産師は、厚生労働大臣から免許を受ける国家資格で、助産と、女性の妊娠から出産・育児といった母子の健康を守る活動を行います。分娩時には医師の指示などは必要なく、自らの判断で助産行為を行うことができます。新しい生命を産む現場でリードする、強い精神力と体力が求められる仕事です。

参考書籍

  • 精神保健福祉士国家試験受験ワークブック2014(専門科目編)
  • 社会福祉士・精神保健福祉士国家試験受験ワークブック2014(共通科目編)
  • 2014精神保健福祉士国家試験過去問解説集 (第13回―第15回全問完全解説)