資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

アロマテラピー検定の基礎知識

アロマテラピー検定とは?

アロマテラピー検定とは、アロマテラピーに関する幅広い知識が問われる検定です。最近では健康維持のためにアロマテラピーを用いたいと考える人が増えています。アロマテラピーを正しく、安全に楽しむためには、適切な知識が必要になってくることから、この検定資格は重宝されています。

仕事について

アロマテラピー検定の資格を仕事に活かすには、次のようなさまざまな職種が考えられます。アロマテラピー教室の講師、アロマテラピーサロンのアロマセラピスト、各種セラピスト、ヨガ講師、美容師、歯科医師、花屋のショップ店員、アロマ販売店のショップ店員などです。さらに上位の資格として、アロマテラピーアドバイザー、アロマテラピーインストラクターやアロマセラピストなどの資格もあるので、アロマテラピー検定を取得後に挑戦し、レベルアップすることもできます。このアロマテラピー検定は、特にアロマ関連の職種でなくとも、介護・福祉関連、医療関連の職種でも活かすことができます。例えば、介護福祉士の人で取得し、介護の中にアロマテラピーを取り入れているという人もいます。非常に幅広い職種で役立たせられる資格であるといえるでしょう。

年収について

アロマテラピー検定を取得した場合の職種は実に多岐に渡るため、その平均年収というと一概にはいえません。そこで、アロマセラピストの平均年収を見てみることにしましょう。だいたいの年収相場は300万円未満であるといわれており、アロマセラピストとして修行中の場合には、月収も13万~15万円程度であるといわれています。アロマテラピーだけではやはり心もとない面がありますが、関連する技術であるネイル、整体、ヨガなどでスキルアップし、独立開業するという方法もあります。この場合には年収大幅アップも見込めることでしょう。アロマテラピー検定一級に合格し、協会の認定講習会に参加することでアロマテラピーアドバイザーに認定され、さらにアロマテラピーインストラクターやアロマセラピストを目指すこともできることから、スキルアップしようと思えば切りのない資格です。

難易度と試験対策

アロマテラピー検定の受験勉強では、公式の検定テキストに沿って勉強するのが主になります。試験内容としては、アロマテラピー利用法や安全のための注意、アロマテラピーのメカニズム、健康学、法律などの知識の他、精油のプロフィールや精油の基礎知識など細かいところも問われるので、テキストを読むだけでなく、精油の一覧表などを利用して普段から慣れ親しみ、暗記しておく必要があります。このアロマテラピー検定は、趣味でアロマテラピーを楽しんでおり、ある程度知識がある人であれば、1ヶ月程度の勉強で合格を目指せるようです。平均でも2~3ヶ月といったところだといわれています。独学では心配という人は、スクールや通信講座を利用するという方法もあります。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

はり師

はり師の資格は、高等学校卒業後、鍼灸専門学校・鍼灸大学・鍼灸短期大学等の教育機関で各種の医学ならびに技術の勉学を受け、卒業試験に合格した後、さらに国家試験に合格しなければ資格が取得出来ません。その後も各種の学会、研究会、講習会にて卒後教育に励まなければなりません。

きゅう師

官報医療である灸は、人体の表面の経穴(つぼ)などにもぐさをつけて焼き、その熱気によって患部に刺激を与え治療する方法であり、これを職業とする者は厚生労働大臣の行なうきゅう師試験に合格し、免許を受けなければ業務を行なうことができない。はり師ときゅう師は免許が分かれているが、密接な関連がある療法なので、併せ持つことが望ましい。また、はり師、きゅう師試験は同時に受...

登録販売者

登録販売者とは規制緩和により改正薬事法で新設されました一般医薬品を販売できる資格です。受験資格ですが、医薬品の販売において一定の実務経験等を有する者が都道府県の知事の行う試験に合格することが必要です。

参考書籍

  • 1回で受かる! アロマテラピー検定1級・2級テキスト&問題集
  • 1回で受かる!アロマテラピー検定1級・2級テキスト&問題集
  • 最新版 アロマテラピー検定1問1答ドリル―1級2級対応 赤チェックシートつき