資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

診療放射線技師の基礎知識

診療放射線技師とは?

診療放射線技師とは国家資格で、病院・診療所などの医療機関において、放射線を用いた検査・治療を行うことのできる資格です。放射線診療技術の高度化に伴い、高度な専門知識を備えた専門職としての役割を担います。

仕事について

診療放射線技師の仕事は、医師、または歯科医師の指示の下に、放射線を人体に照射することがメインとなります。医療行為として、人体に放射線を照射することから、当然放射線の物理特性や、医療機器の特性を十分考慮して仕事にあたります。そして、実際に照射する際には、放射線量の最適化や人体への作用の考慮、さらには患者心理の対応など、幅広い知識と技術で業務を行っていきます。時には、MRIや超音波検査などの、放射線を使用しない検査に携わることもあります。その活躍の場は、医療機関をはじめとして、原子力発電所や放射線を使用した検査を行う工業・研究所・教育機関、さらには行政機関などと幅広いです。

年収について

診療放射線技師の資格を取得して働いている人たちの平均年収は、510万円程度だといわれています。だいたい350万~600万円くらいの幅を想定することができるでしょう。資格手当が付き、優遇される職場もあるといわれています。なお、診療放射線技師の将来性を考えると、最近ではレントゲンだけでなく、MRIやCT、超音波エコーなどの、放射線を使用しない検査にもその業務の幅が広がっていることから、新たな可能性も見出すことができます。また、最近では、乳がん検査などのマンモグラフィ検査を受ける女性が多く、その関係で女性の診療放射線技師のニーズが高まっているといわれています。知識と技術の向上を怠らなければ、生涯使える資格といえるでしょう。

難易度と試験対策

診療放射線技師の国家試験は、午前と午後に分かれて行われる筆記試験です。全14科目、合計200問のうち、合計6割以上の正解で合格ラインだといわれています。受験は、指定の診療放射線技師養成所で3年以上、診療放射線技師として必要な知識及び技能の修習を終えたものという条件が主になります。よって試験対策は養成所で学習した内容をベースに行うことになりそうです。だいたい3年生になってから国家試験の対策が始まることが多いようです。また、試験対策としては、日頃学校で開催される定期試験から合格しておくことが重要です。ただ単に過去問を解くことだけに頼るのではなく、頭を使って自分で考え、必要事項のみ暗記するという方法が向いているでしょう。

問い合わせ
厚生労働省

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

浄化槽管理士

浄化槽管理士とは、浄化槽管理士資格試験に合格するか、浄化槽管理士講習を修了することで得られる国家資格です。浄化槽の保守・点検の業務に従事することができます。浄化槽法に基づいて、水質汚濁防止のために活躍します。

ME技術実力検定

"ME技術実力検定とは日本生体医工学会が運営する、合格率30%前後の検定試験です。 医療機器等の事故が増えたことで、管理担当者や、製造担当者は試験に合格する事が求められます。 第2種と第1種があり、第1種は医者や看護師に指導できるレベルで全国でも保有者が少なく、第2種は約22000人が保有しています。"

カイロプラクティック師

カイロプラクティック師は薬などを利用せず、手を使って筋肉をほぐしたり、ずれた背骨や骨盤を矯正し自然治癒力を向上させ、心身に抱える障害を快方に向かわせる治療を行なう仕事です。現代人に多い肩や首、腰の痛みに対して高い効果を示しており、高齢化社会に加え、若年層の患者も急増しており、癒しを求めるさまざまな世代から注目されています。

参考書籍

  • 2014年版 診療放射線技師国家試験 完全対策問題集 —精選問題・出題年別—
  • 最新・診療放射線技師国家試験問題集(2014年版)
  • 診療放射線技師国家試験問題注解 2013年版