資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

ITストラテジストの基礎知識

ITストラテジストとは?

ITストラテジストは、スキルレベル4の高度情報処理技術者試験です。その名の通り、情報技術を活用したビジネス戦略を策定、提案、推進する力を証明することのできる資格です。経営者の視点で戦略を策定する知識と経験を有する高度な資格です。

仕事について

ITストラテジストの資格を取得し、仕事に活用する場合には、顧客の業務内容について詳細な調査を行い、基幹となる概略設計・構築を担当することになります。実際にシステムが動いたときに想定した効果が出るように設計するのがメインの仕事です。また、経営者に対して、経営者目線でのプレゼンテーションを行うこともあります。当資格は、情報戦略立案をはじめとして、事業企画、業務改革推進、製品・サービス企画などの各種部門で活躍している人々にとっても付加価値を付けることが可能です。さらにはITコンサルタントや営業職として顧客企業との経営戦略や業務プロセスに関する問題解決、折衝を担当する人にも有益な資格であると言われています。

年収について

ITストラテジストは、就職や転職、キャリアアップにおいても非常に有用性の高い資格です。特にコンサルティングファームや、シンクタンクでの活躍を考えている場合には、このITストラテジストの資格を習得できればかなりの効果を発揮すると言われています。企業の経営を左右する意思決定に関わる、高度で幅広い知識を保持していることが証明されることから、企業で重宝される存在になることは間違いありません。ITストラテジストとして働く場合、想定年収は450~1,000万円だと言われています。企業によっては、資格取得一時金や技術者手当が支給される場合もあります。将来性も、他の高度情報処理技術者試験同様、国家資格であること、高度な技術が必要であることから、決して暗くはないと言えるでしょう。

難易度と試験対策

ITストラテジストは、多少ITの知識がある人でも、むずかしいレベルであると言われています。レベルとしては実務経験を5年以上有する人と同等だとも言われます。ただ、経験者であれば独学で1ヶ月集中して勉強すれば合格できるとされています。試験勉強においては過去問を解くことが必須であり、おすすめ教材としては、金子則彦著の「ITストラテジスト完全教本 2012年版―テキスト&問題集の決定版!(情報処理技術者試験)」を挙げることができます。いずれにしても、働きながらの合間を縫っての学習となるため、効率的な学習が求められます。午前、午後、I、IIのそれぞれの対策とコツを習得して試験対策を行いましょう。視野を広げる意味でも、セミナーに参加するという手段もあるでしょう。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

情報システム統括責任者

情報システム統括責任者は、企業の経営戦略にのっとった情報システムの計画・立案、さらに信頼性・安全性・効率性のチェックや改善提案などを行うことができるエキスパートを認定する資格。 受験資格 情報システム統括責任者委員会指定の教育講座修了後、同委員会が定める認定資格および審査に合格した者、等。 資格取得後は、2年の間に一定時間の講義受講が義務づけられている。

初級システム アドミニストレータ試験

初級システムアドミニストレータ試験(平成21春季廃止)の後継資格としてITパスポート試験(平成21年春季以降)実施となりました。 ITパスポート試験は経済産業省認定の国家試験で情報処理技術者試験の試験区分の一つです。情報処理技術者試験では,基本情報技術者試験や応用情報技術者試験など,複数の試験区分があり、その中でITパスポート試験は入門的な試験という位置づけにあり...

パソコンネットワーク利用技術試験

パソコンネットワーク利用技術試験「NASKA」は、パソコンユーザがネットワークを活用するために必要な基礎知識から運用・構築段階に至る応用能力などについて客観的に評価する試験である。パソコンネットワークや関連システムを利用するすべてのユーザの資質、技術及び関連知識の理解度の評価を行うことにで、ネットワークの普及及び利用技術の向上を図ることを目的として実施されてい...