資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

CAD利用技術者試験の基礎知識

CAD利用技術者試験とは?

CAD利用技術者試験とは、CADシステムに関する操作と知識、CADシステムを利用した設計や製図業務のスキル、業界知識などが問われるCAD技術者を評価・認定する資格です。2次元、3次元に分かれており、3次元は複数あるCAD資格のうちでも最高レベルの試験と言われています。

仕事について

CAD利用技術者試験の取得者は、自動車・機械メーカー、建築・土木設計事務所、機械・アパレル・インテリア関係のメーカー、企業の設計部門やデザイン会社など、幅広い活躍の場でCADオペレーターや設計者として従事しています。具体的な仕事内容は、CADシステムソフトを用いて、設計者が描いた図面をより正確なものに起こしたり、構造上の問題のチェックを行ったりというものです。2次元CAD利用技術者試験の1級を取得すれば、設計現場でそのスキルを活かすことができます。また、3次元CAD利用技術者試験の各級に合格すれば、3次元CADシステムを利用したモデリング・設計・製図などの業務や周辺業務に従事することができます。

年収について

CAD利用技術者試験は資格手当が出たり、人事評価が上がる資格として指定されていることもあり、取得することで収入アップが狙える可能性があります。特に近年、3次元CADのニーズが高まっていることから、3次元のいずれかの級を取得しておくと様々な職場で重宝されるでしょう。CADは様々な業界で使われていることから、勤務先によっても年収は変わってきますが、だいたい300万~600万円が相場と言われています。もちろん、持っている等級、経験などによって収入は異なってきます。資格がなくともCADの仕事はできますが、資格を持っている人と持ってない人とでは、製品を開発したり、設計したりする際の発想力の面で差があると言われていることから将来的に転職することがあった際には有利であると言えるでしょう。

難易度と試験対策

2次元、3次元共に、2級はCADの概念や手法を問うものなので、実務経験がある場合はそれほどむずかしくなく、初心者もCAD利用技術者試験センターが発行している公式ガイドブックや市販の参考書を勉強するだけで、充分試験対策になります。CADソフトを実際に動かして学習するとより効果的です。3次元の各級取得を目指すには、特に1級はCADソフトによる図面作成の実務経験が必要になってきます。CADの実務経験がない場合は、CAD講座のあるスクールで、一定期間に渡って学ぶ必要があるでしょう。CADの実務経験がある場合は、公式ガイドブックや市販の参考書などで学習したり、通信講座などを受講するという方法でも合格は狙えます。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

システムアナリスト試験

2009年の制度変更により「システムアナリスト試験」と「上級システムアドミニストレータ試験」とが統合して「ITストラテジスト試験 」へと名称が改められた。 システムアナリスト試験の対象者は、企業の経営戦略に基づく情報システムの管理や、開発プロジェクトの策定や支援を行える者としていた。情報戦略が重要視され始めた中で、高度な情報技術を活用したシステムの開発や提案が求...

IBM技術者認定制度

IBM 技術者認定制度は、国際的に通用する高度な技術力の証として、専門知識と経験の深さを全世界共通の基準で測り認定する資格制度です。複数の製品分野の認定資格を取得することによって、より高度な専門技術者としての証となります。

システム監査技術者試験

システム監査技術者試験は、経済産業省が認定する情報処理に関する国家資格で、情報処理技術者試験の一区分です。1~4まで設定されているスキルレベルのうち、当試験はレベル4に相当し、高度情報処理技術者試験に含まれます。

参考書籍

  • 平成25年度版 CAD利用技術者試験 2級・基礎公式ガイドブック
  • 平成25年度版 CAD利用技術者試験 3次元公式ガイドブック
  • CAD教科書 CAD利用技術者試験2級 [テキスト]&[問題集]