資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

IBM技術者認定制度の基礎知識

IBM技術者認定制度とは?

IBM 技術者認定制度は、国際的に通用する高度な技術力の証として、専門知識と経験の深さを全世界共通の基準で測り認定する資格制度です。複数の製品分野の認定資格を取得することによって、より高度な専門技術者としての証となります。

難易度と試験対策

コンピューター上で出題される問題にマウスあるいはキーボードで答えます。
多くは選択形式で1科目60~100問程度、時間は約1~2時間で、終了とともに結果レポートが発行され、合否が確認できます。
問い合わせ先
certify@jp.ibm.com

問い合わせ
IBM

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

Certified Internet Webmaster

インターネットとWebに関する知識・技術の理解度を問い、そのレベルを測定し、世界において証明することのできる国際資格です。あなたが備えているスキルを、国際的に通用する認定証により、客観的に示すことができます。

ディジタル技術検定

ディジタル技術検定は国際文化カレッジが運営する民間資格で、文部科学省によって後援を受けています。1989年にラジオ音響技能検定からコンピュータ系の技術を独立させてできた歴史ある資格であることが特徴です。

ソフトウェア開発技術者試験

ソフトウェア開発技術者試験は平成13年度春期から平成20年度秋期まで。 以降、応用情報技術者試験と統合されました。 応用情報技術者試験は「アルゴリズム」と「データベース」という「ソフトウェア開発」を行う人以外が受かりにくい要因が減り、マネジメント系やネットワー・セキュリティの方面に進みたい等、自分の適性や行きたい方向に合わせてある程度自由に勉強できるよ...

参考書籍

  • IBM教科書 DB2エンジニア(V8)【CD-ROM付】
  • IBM技術者認定試験 DB2 UDBハンドブック―エキスパート(管理)編
  • IBM技術者認定試験WebSphereハンドブック―アプリケーション・サーバー・アドバンスト・エディションV4.0認定スペシャリスト編