資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

Access ビジネスデータベース技能認定試験の基礎知識

Access ビジネスデータベース技能認定試験とは?

データベースに関するビジネス実務能力を認
定する。1級から3級まであり、それぞれの認定基準は下記のとおり。
1級/MicrosoftAccessを用いてビジネス社会における高度なデータベース処理を行なうことができる。同時に、パソコンとデータベース・ビジネス帳票に関する高度な実務知識を駆使して業務処理を分析し、データベースソフトウェアの活用法を提案・指導できる。
2級/MicrosoftAccessを用いてビジネス社会における通常のデータベース処理を行なうことができる。同時に、パソコンとデータベースに関する基礎的な知識を有し、初心者の操作指導ができる。
3級/MicmsoftAccessを用いて簡単なデータベースの入力と作成ができる。同時に、パソコンと,データベースに関するごく基礎的な知識を有する。

難易度と試験対策

知識試験と実技試験があり、どちらもパソコン上で行う。対象ソフトは、Access2002、2003,2007,2010に対応。
知識試験(30分)/多肢選択形式。実技試験(1級は120分、2級・3級は90分)/与えられたテーマにしたがって解答を作成。

問い合わせ先
サーティファイ認定試験事務局
〒103-0025束京都中央区日本橘茅場町2‐
11-8茅場町駅前ビル
tel.0120(031)749 FAX:0120(031)750
E-mail:info@certify.jp http://sikaku.gr.jp

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

CompTIA認定資格

1993年より提供開始されているCompTIA A+をはじめとするCompTIA認定資格は、業界エキスパートにより開発され、IT業務における実践力、応用力を評価する認定資格として、法人を中心にワールドワイドで150万人以上に取得されています。(2013年4月現在) CompTIA A+、CompTIA Network+、CompTIA Security+、CompTIA Storage+ powered by SNIA、CompTIA CASPの5つの認定資格は、ISO17011...

マイクロソフト認定資格(MCDST)

マイクロソフト認定デスクトップサポートテクニシャン(通称:MCDST)は、マイクロソフトによるWindowsベースのシステムに対して、高度なトラブルシュート能力を持つ技術者であることを証明するマイクロソフト認定プロフェッショナルの上位資格です。

情報検索応用能力試験

情報検索応用能力試験とは、情報検索能力試験のうちの資格で、1級と2級があります。学術情報などの検索や、検索結果の加工や評価、コンピュータ関連のITに関する知識や技能が問われます。また、情報に携わる人々のコンサルティング能力や企画力も問われます。

参考書籍

  • Accessビジネスデータベース技能認定試験問題集―Access 2007対応 (Certify business licenses)
  • Accessビジネスデータベース技能認定試験問題集―Access 2002/2003対応 (Certify business licenses)
  • Accessビジネスデータベース技能認定試験問題集―Access 2007対応 (Certify business licenses)