資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

CAD実務キャリア認定制度の基礎知識

CAD実務キャリア認定制度とは?

CAD実務キャリア認定制度はCADユーザをはじめ、CAD教育を受けている受講生を対象に、CAD利用に関する実務的な技術、技能の成果を認定するものである。その特徴は、願書提出時から合否決定までを採点対象としたプロセス重視型を採用し、実務遂行上必要な技術、技能、モラルなどをフェーズごとに評価判定している。また、個人の技術、技能習得意欲、問題解決能力などを向上させることを目的とし、上級の位置づけとしてCAD実務マスター認定試験、中級の位置づけとしてCAD実務トレーサー認定試験、初級の位置づけとしてCADアドミニストレーター認定試験がある。
 さらに、近年急速に2次元CAD図面又は2次元CADデータから3次元CADへの移行へと進み、3次元設計者が求められると同様に、2次元図面を読図てき確実に3次元データ化できるトレーサーの要求も拡大している。そこでNPO法人コンピュータキャリア教育振興会では、2003年2月より3次元CADトレーサー認定試験SolidWorks部門を開始し、4試験での構成となった。

難易度と試験対策

コンピュータキャリア教育振興会 
実務キャリア認定事務局
〒169-0071 東京都新宿区戸塚町1-102
Tel 03-5272-1140  Fax 03-5285-1523
URL http://www.gec.or.jp/career/
E-mail mailto:career@gec.or.jp

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

Access ビジネスデータベース技能認定試験

データベースに関するビジネス実務能力を認 定する。1級から3級まであり、それぞれの認定基準は下記のとおり。 1級/MicrosoftAccessを用いてビジネス社会における高度なデータベース処理を行なうことができる。同時に、パソコンとデータベース・ビジネス帳票に関する高度な実務知識を駆使して業務処理を分析し、データベースソフトウェアの活用法を提案・指導できる。 2級/Mic...

マイクロソフト認定資格(MCAD)

MCAD (マイクロソフト認定アプリケーション デベロッパー) を取得すると、1 つの必須科目の受験および前提となる MCTS: .NET Framework 2.0 Windows アプリケーション資格が免除され、1 つのアップグレード試験に合格するだけで MCPD: Windows デベロッパーにアップグレードできます。

マイクロソフト認定資格(MCDBA)

データベース アドミニストレータは、データベース サーバー管理者の最上級の資格です。この資格によって、1 日 24 時間、週 7 日間、エンタープライズ ビジネス ソリューションを間断なく運用できる管理者であることが証明されます。

参考書籍

  • 平成25年度版 CAD利用技術者試験 2級・基礎公式ガイドブック
  • 実務最優先Jw_cad4で学ぶ天空率 (エクスナレッジムック―Jw_cadシリーズ)
  • 実務最優先Jw_cadベストテクニック30 (エクスナレッジムック Jw_cadシリーズ 6)