資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

Flashクリエイター能力認定試験の基礎知識

Flashクリエイター能力認定試験とは?

Flashを用いたビジュアルなWebコンテンツの作成術ついて、その到達レベル・操作能力・知識などを一定の基準で評価する。Flashに関する用語、機能の知識と、与えられた素材、テーマから指示に従って作品を仕上げる技術を認定する。初級と上級がある。

難易度と試験対策

資格内容
実技試験。問題文は問題冊子を配布。試験環境は、Windows版MX2004、Flash8、CS3、CS4、CS5(5.5)を標準とする。出題科目範囲は、下記のとおり。
①オブジェクトの基本操作、②描画、③カラーの操作、④読み込んだアートワークの使用、⑤レイヤーの使用、⑥テキストの使用、⑦シンボルとインスタンスの使用、⑧ムービーの基本操作、⑨サウンドの追加、⑩アニメーションの作成、⑪インタラクティブムービーの作成、⑫パブリッシュと書き出し。

問い合わせ先‘
サーティファイ認定試験事務局
〒103-0025束京都中央区日本橋茅場町2-
11-8茅場町駅前ビル
tel.0120(031)749FAXO120(031)750
E-mail:info@certify.jp http://sikaku.gr.jp

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

Windows操作技能認定試験

Windows操作技能認定試験は、Microsoft Windowsの多様な機能の活用と、Windows上の様々なアプリケーションソフトの活用操作に関する標準的な技能を認定するサーティファイソフトウェア活用能力認定委員会主催の試験です。 得点で1級から3級までを認定するレベル認定試験です。知識試験・実技試験をパソコン上で行います。

マイクロソフト認定資格(MCDST)

マイクロソフト認定デスクトップサポートテクニシャン(通称:MCDST)は、マイクロソフトによるWindowsベースのシステムに対して、高度なトラブルシュート能力を持つ技術者であることを証明するマイクロソフト認定プロフェッショナルの上位資格です。

C言語プログラミング能力認定試験

C言語プログラミング能力認定試験とは、システムの仕様変更が起きたと仮定し、それに応じて実際にコーディング・コンパイル・デバッグなどを行い、プログラムを完成させる能力を問う試験です。1、2、3級のうち、2級と3級はペーパーテストのみですが、ただのC言語プログラミングに関する知識ではなく、実務に基づいた知識が問われるのが特徴です。

参考書籍

  • Flashクリエイター能力認定試験問題集 : Win版MX2004/8/CS3対応
  • Flashクリエイターになるための教科書
  • FlashクリエイターのためのAIRプログラミング入門