資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

画像情報技能検定 CG部門の基礎知識

画像情報技能検定 CG部門とは?

自分のアビリティを着実に身につけていくには、基礎のベーシック、応用のエキスパート、と専門領域内でステップアップしていくことが大切です。一方、ディジタル映像とWebデザイン、CGと画像処理のそれぞれは、内容に相関性があり、併せて習得することで効率よく、また幅広いマターに対応できます。さらにマルチメディアの習得は、ディジタル領域での総合的なリテラシーが培われます。
5つの検定はいずれも併願受験ができ、一日で最大4種類を受験することが可能です。このような専門領域内での着実なステップアップや領域を超えた総合的なアビリティ習得をおすすめします。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

マイクロソフト認定資格(MCP)

マイクロソフト認定資格(MCP)は、世界共通のマイクロソフト認定資格です。それぞれの資格はレベルに応じてマスター、エキスパート、アソシエイトと分かれています。マイクロソフト製品についての知識・技能が試されます。

インターネットユーザー能力認定試験

インターネットユーザー能力認定試験とは、インターネットの概要や電子メール、セキュリティーやトラブルシューティングなどインターネットを実務的に活用する能力を評価するための認定試験。Webの閲覧や検索などの基本的なインターネット活用能力を評価する「初級」と、Webコンテンツの活用能力を測定する「上級」の2種類のレベルがあります。

Webプログラミング能力認定試験

平成19年度試験をもって「Webプログラミング能力認定試験」が休止となりました。

参考書籍

  • CGマルチメディア画像処理検定3級合格テキスト〈2004年度〉―文部科学省認定「画像情報技能検定」
  • CGマルチメディア画像処理検定3級合格テキスト〈2005年度〉―文部科学省認定「画像情報技能検定」
  • 対策 CG検定2級・3級〈2003年版〉