資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

LPICの基礎知識

LPICとは?

LPICは、NPO法人であるLinux技術者認定機関 LPI-Japanが実施している、Linux技術者の技術者認定資格の名称です。LPICとは、Linux Professional Institute Certificationの略で、試験はレベル1、レベル2、レベル3に分かれます。

仕事について

LPICは、主にIT関連企業においてLinux技術者として活躍することになります。実務を通じて知識やスキルをレベルアップしていけば、エンジニアとしてさらに大きな強みになります。具体的な仕事内容としては、サーバ運用保守業務、ネットワーク運用・監視業務・サービスの維持管理業務、サービス運用業務の手順書作成などがあります。実際、Linuxを要する職種は多様であり、システムエンジニア、ネットワークエンジニア、組み込みエンジニア、社内システムエンジニア、カスタマーサポート、インストラクターなどが相当します。特にLinuxサーバはインターネットサーバとして最も利用されていることから、ネットワークエンジニアとして働くには非常に有効な資格です。また、組み込みシステムのOSには、Linuxが最も多く使われていることからも、組み込みエンジニアとしてもLPICは使える資格です。そして社内システムエンジニアとしてもLPICは有効です。社内システムのメールサーバやファイルサーバ、Webサーバの多くは、Linuxを採用しているためです。

年収について

LPIC取得者は、収入面でかなり優遇されることが見込めます。LPICを取得した社員に、資格手当や報奨金を支給したり、昇給させたりする企業があるからです。また、実際、LPICは多くの企業、教育機関、公的機関にて「取得推奨資格」に指定されています。現在の日本社会において、7割の企業でLinuxが導入されていることからも、Linux技術者が必要とされていることは確かです。そのため、LPICには将来性も見込めると言えるでしょう。また、公式サイトの情報によれば、情報管理者の63.5%がLinux技術者の不足を問題視していると言います。今後、ますますLPIC取得者の需要は増すことでしょう。ちなみにシステムエンジニアの平均年収は550万円です。

難易度と試験対策

LPIC資格の勉強方法は、実務経験や知識レベルによって異なります。初心者や自主学習だと怠けてしまう人、学生、最短で合格を狙いたい人などは、アカデミック認定校である大学・専門学校・PCスクール・企業研修期間などに通ったり、LPI-Japanにより開催されている、試験のレベルごとに出題範囲やポイントを解説する技術解説無料セミナーを受講したりする方法が最適です。他の受験者とも意見交換もできるので、独学が不安な人に向いています。また、実務経験があり、実機環境を自分で用意できるという人であれば、独学で試験対策をすることもできます。LPI-Japanからは、レベルごとの例題解説などを行っているメールマガジンも発行されているので、学習ツールは非常に充実していると言えるでしょう。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

Excel 表計算処理技能認定試験

Excel 表計算処理技能認定試験とは、ビジネスシーンで最も活用されている表計算ソフトMicrosoft Excelを活用して効果的に実務を行うための能力を測定する試験です。ビジネスシーンで求められる請求書、アンケート集計、グラフといった成果物を実務と密接したスキルを身につけることができます。

Oracle Certified

Oracle Certifiedとは、オラクル認定資格制度(Oracle Certification Program)を指します。オラクル社製品に関する資格で、Database、Middleware・Java、Applications、Server・Storage Systemの4つのカテゴリに分けられています。

Power Pointプレゼンテーション技能認定試験

PowerPoint®プレゼンテーション技能認定試験は、PowerPoint®の基本的な活用能力を測定する初級から、クイックアクセスツールバーのカスタマイズ、環境の詳細設定・変更、スライドマスタ、校閲といった応用的な活用能力を測定する上級まで、その保有スキルに応じてレベル別に認定する試験となっています。また、PowerPoint1級以外にExcel、Word、Accessの最上位級を取得された方にはビ...