資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

Oracle Certifiedの基礎知識

Oracle Certifiedとは?

Oracle Certifiedとは、オラクル認定資格制度(Oracle Certification Program)を指します。オラクル社製品に関する資格で、Database、Middleware・Java、Applications、Server・Storage Systemの4つのカテゴリに分けられています。

仕事について

日本オラクル社の調査によれば、Oracle Certifiedの一つであるOracle Applications認定資格取得者は、システム開発に従事している人が半数、そしてシステム運用・保守、導入コンサルタント、プロジェクトマネージャーと続くデータが出ています。また、その取得の目的としては、多くの人が自身のスキルアップのためや社内外へのスキルの証明としてである一方、会社の方針という人もいます。このことからも、多くの企業で実務に大いに有効であることが分かります。また、国際資格であり、世界のビジネスの場でも大いに通用することから、仕事の幅を広げることも可能です。アプリケーション系の認定資格においては、アプリケーション管理者や開発者として、データベース系の認定資格においては、データベース管理者として、JAVA系の認定資格においては、JavaアーキテクトやJava SE開発者などとして活躍することができます。

年収について

Oracle Certifiedにより認定され、資格を取得した人をオラクルマスター(ORACLE MASTER)と呼びますが、このオラクルマスターの年収はどれくらいなのでしょうか。認定は、ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナ、エキスパートの5段階に分かれており、このレベルによっても企業からの評価は異なってきます。収入アップを狙うには、ゴールドは必須で、少なくともプラチナレベルは必要であるようです。また、企業によって資格手当が支給される場合もあります。このようにレベルが上がるにつれて高待遇の職場もあり就職・転職他、キャリアアップとしても有効/span>な資格です。オラクルのシェアが続く限り、将来性については問題ないと言えます。

難易度と試験対策

Oracle Certifiedのうち、Oracle Applications認定資格取得者へのアンケート結果によれば、Oracle研修を受講したという人が65.2%、自習をした人が58.4%、現場での経験を活かして試験に臨んだという人が47.2%、社内勉強会を活用したという人が15.7%となっています。この結果より、現場での経験をベースにし、知識をさらに深めるために研修を受講したり、平行してテキストやマニュアルなどで自習するという人が多いことが分かります。勉強時間も、3週間~1ヶ月という人が38.8%、1~2週間という人が34.8%と1、2位を占める結果となっており、意外と短期間で集中して勉強したという人が多いようです。つまり実務経験が非常にものを言う資格であることが分かります。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

LPIC

LPICは、NPO法人であるLinux技術者認定機関 LPI-Japanが実施している、Linux技術者の技術者認定資格の名称です。LPICとは、Linux Professional Institute Certificationの略で、試験はレベル1、レベル2、レベル3に分かれます。

Adobe Certified Expert

Adobe Certified Expert に合格することで、あなたの技術に対してアドビから認定が得られます。合格者には認定取得済みであることを示す、Logoが配布されます。名刺やメールの署名に利用し、自信のスキルをアピールすることが出来ます。 キャリアアップのために、是非ACEプログラムをご活用ください。

オラクル認定技術者制度(オラクルマスター)

オラクル認定技術者制度とは、世界で高いシェアと評価を受けているリレーショナル・データベースに関する技術者を認定する資格です。システム関連企業や企業のシステム開発部門など。ITの進化に伴い、Gold以上を取得した高度な情報処理技術とデータベース技術を有する技術者の需要は非常に多く、就・転職の際に非常に有利で、今後もその傾向がますます強まる物と思われます。