資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

証券アナリストの基礎知識

証券アナリストとは?

証券アナリストとは金融市場の専門家として株式、債券、商品取引などの各市場、経済の動向を俯瞰して各市場動向などを分析するものです。

証券アナリストを公的に認定する民間団体があり、当該団体によって試験が実施されています。

仕事について

証券アナリストの資格をしっかりと取得していると、金融にかかわっている分野の事務所や証券会社、銀行、総合商社から信用を得ることができます。主に証券アナリストに関連ししているフィナンシャル業務で、専門性の高い金融業の仕事に従事することができるというメリットがあります。特に金融現場の事務や経理に業務においてお金の計算技術を活かすことができるでしょうし、経済の分野でもいろいろな企業と連携して仕事をすることができ、金融最大手の銀行からも一目置かれる資格です。証券を扱うプロフェッショナルアナリストとして多くの資産家や投資家から注目をされ、信頼の置ける資格になっているので、証券を扱っている会社から重宝されています。

年収について

証券アナリストの収入は平均年収約800万円程度です。就職先として証券会社や投資信託会社、生命保険会社、金融機関、コンサルティング会社等が代表的ですが、近年では大手一般企業や法人へ就職する人も増えており就職の幅が広がっています。開業した方が年収は増加しますが、開業をしなくても年収1000万円を超える方も多く努力次第で大幅な年収増加が見込める職種です。企業によっても差が出やすく日本企業では500万円~1000万円程度、外資系企業では800万円~1500万円程度の収入となります。金融や証券に関する専門知識を深めたり、コミュニケーションや課題発見力などのスキルを身に付ける努力をすることが年収増加のために重要となります。

難易度と試験対策

証券アナリストは1次と2次に分かれていて2次は別の月に受けることが可能です。受験資格はないため誰でも受験できます。
主催団体の通信講座で受講し、2次合格のあと3年間の実務を得てCMAになりその上の国際公認投資アナリストへと進んでいく学習プログラムがあります。
この場合ですと、1次は経済、財務分析、ポートフォリオマネジメントの3科目あります。その中で得意とする2科目だけ先に受けておけば2科目受講してから4年以内にもう1科目受講できるため試験対策としてはどれか2科目を重点的に行い1科目はその後集中してやれば1次はクリアできます。合格率は50%ほどです。2次は1次で3科目全部合格してから3年以内に受けるようにします。4科目あるため一括で受講する方法があります。勉強時間をなかなか確保できない場合はこのようなやりかたもあります。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

特別会員証券外務員

特別会員証券外務員とは、証券会社・銀行・金融商品仲介業者の役職員のうち外務員として、証券取引・デリバティブ取引の勧誘等の行為を行う能力を評価される資格であり、金融商品を取り扱う業界に高いニーズのある資格です。

証券外務員

証券外務員とは証券会社や銀行などの所属する有価証券の売買、その勧誘などの営業活動を担当する資格者のことです。 法律の規定によって金融庁への登録が定められており、登録されるには業界団体が実施する試験に合格する必要があります。

参考書籍

  • 平成25年試験対策 証券アナリスト 1次対策総まとめテキスト 財務分析
  • 平成25年試験対策 証券アナリスト 1次対策総まとめテキスト 証券分析
  • 平成25年試験対策 証券アナリスト 1次対策総まとめテキスト 経済