資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

証券外務員の基礎知識

証券外務員とは?

証券外務員とは証券会社や銀行などの所属する有価証券の売買、その勧誘などの営業活動を担当する資格者のことです。
法律の規定によって金融庁への登録が定められており、登録されるには業界団体が実施する試験に合格する必要があります。

仕事について

この資格は証券会社では必須の資格になります。
そのため、証券会社へ就職を希望する人は、取得しておくと大変有利になります。
また、銀行、信用金庫、JA、保険会社などで取り扱える金融商品が増えてきているので、資格取得者の活躍の場は増えてきていて、就職活動に大変役立つのがメリットの一つです。
販売、勧誘などの有価証券の取引業務は証券外務員の資格保持者のみが行える仕事ですので、責任ある仕事を任されるため、やりがいを感じやすい職業です。
証券外務員の二種は、法改正により、金融機関での実務経験が無い人も受験出来るようになりました。
そのため、金融機関へ就職、転職を希望する人があらかじめ資格を取得し、履歴書でアピール出来るようになりました。
金融商品の取引業務の知識以外に、経済活動の基礎的な部分も学べます。

年収について

証券外務員は株券や証券、投資信託などの売買を勧誘するということが仕事です。証券に関する営業につく場合は証券外務員資格試験を受け、合格後金融庁に登録することが必要となります。営業として会社で働く場合の平均収入は年収で300万円~600万円、管理職、コンサルティングなどをする場合の平均年収は400万円~800万円くらいです。職場は証券会社、銀行、金融機関などです。そしてそれらのコールセンターなどもあるため派遣やアルバイトとしてコールセンターで働く人も増えています。証券や金融商品についての知識が深くなり、お客様への説明をしっかりとして営業をかけていく仕事です。営業利益により収入が増えることもあります。やりがいのある仕事です。

難易度と試験対策

証券外務員の試験は一種と二種がありますが一般的に資格を取る人は二種があれば金融関係に就職できますから入社してから一種を取得するようにします。試験対策としては金融法の法律は毎年変わりますから昨年より前の古い法律で覚えてしまうと試験問題で間違いになることがありますから最近の法律が出ているテキストで学習します。試験日は随時行ってますから申し込みをすれば近くのパソコンスクールで受験することができます。試験時間は120分でパソコンを使って受験します。試験問題は金融で取引される語句と金融関係で使われる計算式が何十種類と出てきますからその計算式を覚えることです。証券外務員は暗記がすべてですから合格するにはとにかく金融の言葉と計算式を覚えるということが大切です。

問い合わせ
日本証券業協会

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

証券アナリスト

証券アナリストとは金融市場の専門家として株式、債券、商品取引などの各市場、経済の動向を俯瞰して各市場動向などを分析するものです。 証券アナリストを公的に認定する民間団体があり、当該団体によって試験が実施されています。

特別会員証券外務員

特別会員証券外務員とは、証券会社・銀行・金融商品仲介業者の役職員のうち外務員として、証券取引・デリバティブ取引の勧誘等の行為を行う能力を評価される資格であり、金融商品を取り扱う業界に高いニーズのある資格です。

参考書籍

  • うかる!  証券外務員二種 最速テキスト 2013年版
  • 最短合格 新・証券外務員試験対策問題集〈上巻〉一種・二種共通編〈2012年版新版〉
  • 証券外務員二種合格のためのバイブル