資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

米国公認会計士の基礎知識

米国公認会計士とは?

米国公認会計士とはアメリカの各州が認定している公認会計士資格の事であり、英語ではCertified-Public-Accountantと呼ばれ略してCPAとも言います。またアメリカでは各州で取得、登録されていますので、登録した州でしか業務は出来ません。

仕事について

米国公認会計士は、米国の国家資格です。
米国ではCPAと言いますが、日本の公認会計士と区別する為に、USCPAや米国公認会計士と呼ばれています。
米国の資格でありながら、日本だけでなく様々な国の様々な職種、年齢の人が、この資格を取得しています。
日本国内では2011年から受験が可能となり、今とても人気が高まっています。
この資格は世界的にも認知度の高いビジネス資格ですから、就職や転職、キャリアアップに有利に働くということが、最大のメリットです。
特に外資系企業やグローバルな活動を展開する企業が、海外進出や合併、再編など、米国の会計基準を使用する際に、有資格者が活躍します。
日本の公認会計士より比較的取得しやすいと言われていますから、英語がある程度得意な人には取得をオススメする魅力があります。

年収について

米国公認会計士とは、米国各州が確定しています公認会計士の資格です。米国公認家計士とし名乗り業務を行いますには各州ごとに登録申請しますことになります。収入ですが、一般企業の財務経理職で働く場合は30歳前後で日本の企業ですと年収約500万円から600万円です。外資系企業ですと日本の企業の年収より高額で800万円から900万円くらいになります。米国公認会計士は日本の企業では英語が堪能でありませんと無理ですが、英文経理業務や英文の財務情報を用いて財務管理業務、企業内部監査業務など行いますので幅広く知識を生かすことができます。日本の企業での仕事のニーズが多いですのでこれから期待されています職業と言えるでしょう。

難易度と試験対策

米国公認会計士の試験対策は、資格専門学校の講座や通信教育を通じて行うのが基本です。アメリカの会計基準に基づいて、会計、監査、コンサルティングなどを行うので、コンピュータ試験を受けるためには、まず受験者は卒業した大学から英文成績証明書または英文卒業証明書を取り寄せることが必要となります。2011年から日本国内での受験が可能となった州があり、受験しやすい州を選んで、学習プランを立てます。受験者が卒業した大学から必要書類を取り寄せ、評価申請をします。その上で各州のホームページから願書を入手し、出願します。そして試験日予約を経て、試験となります。試験は年4回あり、1・2月、4・5月、7・8月、10・11月の4期に分けられます。日本での受験の試験日は、2・5・8・11月になります。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

会計士補

公認会計士協会に登録して初めて公認会計士と名のることができます。監査業務に携わっていても、公認会計士の登録がされてない者は公認会計士ではありません。 逆に、公認会計士として登録がなされていれば、監査業務を行ってなくても、公認会計士です。 2006年試験制度改正前は、公認会計士試験(公認会計士試験2次試験といわれていた)に合格した者は、まず、”会計士補”として...

公認会計士試験合格者

公認会計士試験合格者とは、公認会計士法の規定に基づいて行われる公認会計士試験に合格したものをいいます。試験を主管しているのは財務省です。この公認会計士試験に合格後、一定の研修を受けて初めて公認会計士資格が与えられます。

税理士

税理士とは税理士法に定められた税務に関連する専門家としての国家資格です。 資格者のうち必要な事項の登録を団体に受けた者を言います。 税務業務はもちろん、会計業務も職域とし、(1)税務代理、税務書類作成、税務相談(2)財務書類の作成、会計帳簿の記帳代行(3)租税訴訟に関する訴訟の補佐人業務(4)中小企業の会計参与業務...

参考書籍

  • 通勤時間を使って米国公認会計士になれる本 (1)CPA会計
  • USCPA(米国公認会計士)合格へのパスポート
  • 改訂6版 めざせ!米国公認会計士