資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

公認会計士試験合格者の基礎知識

公認会計士試験合格者とは?

公認会計士試験合格者とは、公認会計士法の規定に基づいて行われる公認会計士試験に合格したものをいいます。試験を主管しているのは財務省です。この公認会計士試験に合格後、一定の研修を受けて初めて公認会計士資格が与えられます。

仕事について

公認会計士試験合格者のメリットは、弁護士に次ぐ難関資格といわれているだけに様々なものがあります。まずは監査法人に就職するためには欠かせません。監査法人は毎年の公認会計士試験合格者を、会計士補として採用しますので合格していないと監査法人に就職するチャンスが低くなります。会計事務所への就職にも有利です。簿記の専門知識や企業法や税法の一定の知識があることが保証されているので、最初から恵まれた待遇で雇用されます。さらに最終的に研修を終了して公認会計士として登録を済ませると、税理士資格も与えられるので自分の会計事務所または税理士事務所を設立できます。他にも、不動産鑑定士や弁護士試験の一部の科目が免除になるという特典もあります。

年収について

資格の習得の難易度が高い資格は、医師や司法書士といったものがありますが、「公認会計士」は三大国家試験に入る超がつくほど難易度が高い資格のひとつです。公認会計士というのは簡単に言うならば企業の「監査」「税務」「コンサルティング」といった業務を通じて、企業の経済活動をバックアップする財務監査の専門家です。また、この資格を習得するにあたって簿記1級を取得しなくてはなりません。公認会計士試験合格者のその後は法人監査、企業への就職、独立して事務所をかまえるのが一般的です。また、収入に関していうならば年収は平均713万円、月収は平均50万円となっています。この試験は生半可な学力では取得は不可能です。しかし、取得後は企業から求められる人材、そして高収入という非常にやりがいのある職業になります。

難易度と試験対策

公認会計士試験合格者のための試験対策は、専門学校に入学することから始まります。公認会計士試験は試験の種類が多く競争も激しいので、独学で合格を目指すのは非常に厳しいです。そのため専門学校に入学して公認会計士試験のコースを受講する必要があります。簿記の知識がある場合は入門コースを省略することができますが、そうでなければ最初に入門コースとして1年間簿記や財務諸表といった会計学に関する知識を学んだ後に、企業法や監査論といった専門的な科目の学習に入ります。仕事をしながらの勉強は非常に困難で、受験するためには仕事を辞めて受験一本に絞必要があります。専門学校の講座は通学する場合と、インターネットや DVDを使った通信教育があります。通学の方がモチベーションの維持ができます。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

会計士補

公認会計士協会に登録して初めて公認会計士と名のることができます。監査業務に携わっていても、公認会計士の登録がされてない者は公認会計士ではありません。 逆に、公認会計士として登録がなされていれば、監査業務を行ってなくても、公認会計士です。 2006年試験制度改正前は、公認会計士試験(公認会計士試験2次試験といわれていた)に合格した者は、まず、”会計士補”として...

FASS検定

2005年からスタートした経理・財務のスキル検定です。 検定創設のきっかけは経済産業省が経理・財務という分野に注目し、実務で必要とされる経理・財務サービススキルスタンダードという標準を定め、これをもとに日本CFO協会が経産省の委託を受けて開発、運営しています。 検定の開発にあたっては、日本を代表する大手企業約60社の経理部長、財務部長が協力...

米国公認会計士

米国公認会計士とはアメリカの各州が認定している公認会計士資格の事であり、英語ではCertified-Public-Accountantと呼ばれ略してCPAとも言います。またアメリカでは各州で取得、登録されていますので、登録した州でしか業務は出来ません。

参考書籍

  • 合格の秘訣 税理士試験 2013年度 (戦略的学習法と合格体験記集)
  • 短期合格者だけが知っている! 「一発合格!」勉強法
  • 資格試験の神サマ